新着Pick

アニメーター、「平均年収332万円」という現実

東洋経済オンライン
「映画界にとって自信を持てた1年だったと思う」1月下旬、都内で開催された日本映画製作者連盟の新年記者…
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういう、需要に対してプレーヤーの多い職種は過当競争になってデフレを引き起こしやすい。
アニメーターは一枚いくらみたいな仕事の請負になるから、手が早い人はそこそこ稼げるけど、そうじゃないと200万台になったりもする。
同じアニメカテゴリでも作家や監督、ディレクター稼げている。大学を卒業してそのままフリーになったアニメ作家の友人はすごく器用で企画も営業もできるやつだから、最初から事務所まで構えて良い生活をしている。
コミュニケーションや企画力で付加価値を出せるかだけど、アニメーターさんは必ずしもコミュニケーションを仕事にすることに対してポジティブなわけではないから、難しいところ。
描くことが幸せなら苦しみながら他の仕事するよりかは幸せなのかもしれないと思います。
それでもなりたい人がたくさんいるから給料は上がらない
人材も需要と供給の関係で価値が決まりますからね。
収益の少ない業界に働きたい人がたくさんいれば給料が下がるのは当たり前の原理です。
それでもアニメーターになる人がいるというのが
日本の特殊性だとおもう。

一般的な世界では、これではアニメーターがすぐに
尽きて、作品が作れなくなる。

このような状況を変えていく事こそ、生産性の
向上だとおもう。良いものにお金を払い、
良いものが次々生まれるようにしないといけない。。
思ってたより高い 笑
好きなことをして不足なく暮らす、という点においては十分だと思いますが。。。