新着Pick
720Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
メールの代替は過去に多くのスタートアップが挑戦してきた領域です。社内コミュニケーションに関しては新しいところだとSlack、ちょっと前だとYammerがありますし、日本だとChatWorkといったあたりでしょうかFacebookのMessengerも然り。
http://jp.techcrunch.com/2010/11/16/20101115facebook-email-killer/

LINEは、スマホに移行して全くユーザー体験がイケてなかったキャリアメールを代替するために、カカオトークを徹底研究して開発されたサービスと認識していますが、キャリアメールを消すことには完全に成功しました。
ビジネス用途とは異なる点も多々ありますが、現時点でもかつてはメールでなされていたコミュニケーションが相当程度LINEに移っていますし、完全に代替とは言わずとも、じわじわとメール利用は減っていくのではないでしょうか。

大企業の方々が新興企業の面々と付き合うにあたって直面するカルチャーショックの一つが、Facebookメッセンジャーで仕事上のやり取りをするということでしょう。どうしても抵抗感を持たれるものです。
新しいサービスごメールの壁を破るには、大企業が使っても大丈夫という安心感や、「ちゃんとしてる感」を醸成することが鍵なんだろうと思います。
slackやLINEグループ、FBメッセンジャーで仕事してる。でもバラバラでeメールも使われる。方向性としてはslack寄りの戦略で行かないとメールの駆逐は難しいだろうね。ちなみに仕事で長文送る奴は無能だと私は思ってます。
ビジネスでLINEはありえない。

日本とタイくらいでしか使ってる人いません。

ビジネスで使うなら全世界的プラットホームでなければアウト。
メールの歴史はたかだか20年ちょっとしかないとも言えるし、されど四半世紀、その間ビジネスツールとして定着したとも言える。
そもそもメール前史で同様の行為があったかと言えばほぼ無かった。しいて言えば電話だった。という事はその代替と考えるならチャットのほうがむしろ自然だろう。

しかしだからといってメールが不要とか悪という理屈にはなら無いと思う。メール誕生によって効率化された業務もある。
使い方次第だろう。多くの(と言うか知る限り全ての)テック大手企業は未だメールを使っている。私個人も、仕事中にやたらと全員がチャットで話しかけてきたら仕事にならない、というか結局はログとして使用するのでメールとあまり変わらなくなると思う。
「お世話になっております」の定型文を書いているだけで、日本のGDPの何パーセントかは失われている気がします。
実際は使い分けでしょう。実際、業務でLINEも使っていますが、社内全員がそこに乗っかれないならメールは必要。劇的にLINE WORKS内の検索機能が優れているならよいが、その点も課題になります。チャットは情報が流れてしまうし、複数案件のやりとりだと交錯するので。
メールはもう前時代的コミュニケーションですね。メールじゃなきゃいけない理由はなくなりつつありますので、世間が変わっていけば良いと思います。
会社内だとキチンとした内容&コンテキスト用は依然とeメールが健在。急ぎメッセだとSMSが活躍し、社内拡散&巻き込み用だとChatter。

営業メンバーだとChatterしか使わないという人も多くいる。

社外だとFBメッセンジャーがメインですね。長文には向いていませんが、即時性が高く物事がサクサク進むので自然とメインとなりました。LINEは、今の所完全プライベート用ですが、Line Worksは日本国内でのLine普及率を鑑みると、浸透するでしょうね

私見ばかりで恐縮ですが。
そもそも会社組織に属してないのでいまいちわかりません。

試合の連絡や仕事の連絡がラインで来る事もあるので良いのではないかな。コミュニケーションが取れるのは良いですよね。
LineよりはLinkedinの方がメールに近いような立ち位置で利用しています。あとメッセージでは資料などが送りづらい事があるので、まだまだメールは必要です。

ただ、先日Googleが国外のgmailの内容を政府に公開するなどの話もあるので、無料メールには良し悪しがあるかもしれません。

【追記】

LINEにもGoogle calendarのような機能があれば良いかもしれませんね。海外とのミーティングは必ずカレンダーに招待するようにして、時差が違っても現地時間で通知がいくようにしています。その点はメールとメッセンジャーの使い分けの違いかなと個人的には利用していて感じます。

業績