新着Pick
215Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分が中学生くらいだった頃の100均コスメやプチプラ通販コスメ(当時サン宝石というのがあった覚えがあります)を思い出します。既存の化粧品とチャネルは別でそれなりに使えるものもありましたが、やっぱりメイベリンとかの価格帯のものも使うし、中高生だとバンバン買えるものではないですがブランド物にはやっぱり憧れがあります。

結局こういうのはブランド力、もうちょっと噛み砕くとそのコスメを持っていることを自慢したい・使っていること自体が好き、といった情緒的な価値を買っているところがあるので、このブランドも「安くてなんかすてき」という価値を生み出せるかどうかだと思います。お店を持つことの費用対効果と比較すると、チャネルはECにした方が良い気がします。あとはSNSでバズると良いのでしょうね。
化粧品はものすごく利幅が大きいはずです。
何せ、値段が高い方が売れるというシロモノですから。

3ドルコスメは、もしかしたらこの市場のシステムをぶち壊す可能性を秘めています。
資生堂なども安穏とはしていられませんね〜。

これもネットの影響でしょうか?
従来型メディアでCMをバンバン売ってきた化粧品会社の曲がり角?
NY証取ただいま現在 時価総額1.2Bドル 前年売上190Mドル、損益はほぼトントン。
まだそんなに大きな規模ではありませんね。日本の名の知れた同業の10分の1程度の売上。損益分岐点前という印象。最近のNYSEは上場基準が緩め(笑)

化粧品界のユニクロといったところでしょうか、本質価値に特化した激安化粧品。水商売と言われるくらい原価はタダ同然でストーリーとマーケで業績が決まるこの業界のディスラプターとなるか、見もの。
3ドルは安い!
日本にもこの破壊的影響は押し寄せてくるか?
記事には高品質とあるけれど、品質は使って試してみたい。
コスメもアパレルのファーストファッションのように少量(使用期間が短い)/低価格/使い捨て文化が定着してきている。直接、セレブをイメージマーケティングで起用していないものの、セレブやインフルエンサーが使ってくれたSNSインパクトはキーサクセスファクターの一つ。
ちょっと調査中。
そう、化粧品は広告宣伝費を掛けすぎている。
e.l.f.愛用してます。

100色とか48色とか入った、メイクさんが使うようなアイシャドウパレットが有名。1000円程度で買えるうえ、品質もまあまあ良い。e.l.f.では他にもブラシセットなど、プロが使うようなメイクセット一式を激安で売っています。デザインもシンプルだから、使ってるだけでプロの気分を味わえる。

安い・品質が良いというのは珍しくありませんが、こういったメイクキットってプチプラ業界では珍しいんですよね。目の付け所がすごいです。
化粧品は元々原価が非常に低く、販促費で売値が上がっているので、バリューチェーンを見直せばインパクトのあることができると思います。
業界全体の収益性が悪化してSPAの格安ブランドだけ元気なアパレルと同じ道を辿らないことを祈りますが…。
まあ原価やすいからなあ。広告宣伝が鍵でしょ
化粧品は、ブランドが作りだすイメージにお金を払っていると言っても過言ではありません。

このe.l.f.で気になったのは全てMade in Chinaという点。Trump大統領の意向次第でビジネス自体が揺らぐ可能性もあります。当然すでに動かれているとは思いますが。