新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
88機は一度に打ち上げて、太陽同期軌道に入れるそう。太陽同期軌道は地球観測衛星によく使われる軌道で、衛星が頭上をいつも同じ時間に通るのが特徴です。今回は朝の軌道らしい。つまり88台の衛星がどこをとっても必ず朝の写真になります。何時の軌道でもできるけど、朝夕のほうが陰影がはっきり出るので見やすいのですね。

朝10時の軌道なら、地球の裏側では夜10時を通ります。でも市街地でもない限り何も見えないので、衛星が写真をとるのはほぼ常に朝側になります。

おそらく同じような衛星の束を、他の時刻の太陽同期軌道にも入れるのでしょう。すると、いつでも、どこでも、どの時刻でも、を実現できます。

ちなみに、ちょうど今日までやってた次世代火星ローバーの着陸地点選びにつかっていた火星周回衛星MROも、午後3時くらいの太陽同期軌道です。だから僕らがみる火星の画像は、北半球なら南西から、南半球から北西から日が当たっています。火星の高解像度画像はすべてMROなので、僕たちは夕方の火星にもっとも馴染みがある、ということになります。
ベンチャー投資の規模が大きくなってきている。グロービスの次期ファンドも大きくすることを考えないとね。
PSLVロケット活躍してるなあ。。
Planet LabsもTerra Bella(Skybox)も小型人工衛星を開発している会社で、日本でいうところのAxelspaceのライバルのようなもの。こちらでも50機の衛星によるAxelGlobeプロジェクトを進行中です。
https://www.axelspace.com/axelglobe/
宇宙で交通事故が起こらない事を祈ります。
衛星画像のリアルタイム入手が一歩一歩現実のものとなってきた。あとはその画像から何を見出すかが鍵。DeepLearningの本領発揮となりそうです。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア