新着Pick

Amazon CEO ジェフ・ベゾス、「Amazon Echo」に音楽ビジネスの未来を見る

ギズモード・ジャパン
BUSINESS INSIDER JAPANより転載(2月10日公開の記事) 音楽業界はここ数年、10億ドル単位で縮小している。だが、AmazonのCEO ジェフ・ベゾス (Jeff Bezos)氏...
465Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アクセスまでのステップ数が減るのは良いですよね。
人気 Picker
音楽は確かにキラーコンテンツになりそうだ。朝目覚めさせてくれる時とか、夜中目覚ましをかけ忘れた時に微睡みながら音声で操作は確かにありだし、朝の目覚めの音楽とかもあり。すごい隙間時間だけど、確かに音楽数曲くらいは毎日ながらで聞きそうだ。聞きたい音楽を予測してくれると尚良い。ホテル暮らしの私としてはホテルにエコーいれてくれてて予約した時に私のamazonIDと紐付けしてくれてたらいい
SpotifyでもApple Musicでもプレイリストがあって気分に合わせた曲がまとまっている。ただ、気分を話しかけてたらそれに合わせた曲をかけてくれるなら最高。AIで学んでくれてパーソナライズされればさらに良い。
これ本当にそうなのですよね。Echoで音楽を聞くエクスペリエンスは今までには全くなかったもの。、「Amazon Musicの担当副社長スティーブ・ブーム(Steve Boom)氏は、聴きたい音楽を実際に聴くまでに今まで5分かかっていたのが、音声コントロール機能付きデバイスなら5秒に短縮されると、ベゾス氏の見解を補足した。」
これ欲しい。
「ながら」の時に最適です。特に朝。いろいろ準備しながらDVDやら、iPhoneやら触るの面倒ですもん。

余談。
過日のSuper BowlでOnAirされたAmazon Echoのコマーシャルです。10秒なのにとてもよくできてます。笑えます。
http://www.superbowlcommercials.co/amazon/
確かに、部屋の中で「エアコンつけてくれ」「電気自動車のエンジンかけておいてくれ」「ルンバに掃除させてくれ」とかいうIoTの使いかたより、より聞きたい音楽の個性が発揮され膨大なカタログからチョイスしてくれるという自由度のある音楽鑑賞に適している。また、オーディオ機器に対するオーダーもボリュームだけでは無く、曲やアーティストによってイコライジングも変えたりして面白くクリエイティブ。 Amazon Echoは、スマートホームのハブ以外に音楽革命ツールとして期待出来ますね。
Amazon Echoって言っても、音楽再生のため、所詮この程度?と思ってしまいがちなところに罠があるのかもしれないですね。結局Amazonだけではなく、ネット各社がやっていることは入り口獲得の争い。Echoと音楽の相性がいいのなら、それを抑えにいく、Amazonにとっては王道。BtoBにおける入り口はなんなのか、個人的なテーマ。
アマゾンはメイシーズを買収すべき —— アナリストが考えるその理由
https://www.businessinsider.jp/post-766

アマゾンがメイシーズを買うことはないのでは

アマゾンがリアル店舗に進出しようとしている理由は大きく2つで、
・ECでは即時性の観点から囲い込めていない、生鮮食品分野を取り込むこと
・ブランド体験をしエンゲージメントを高めること

メイシーズの持つ店舗資産は上記の目的と明らかにズレる

それより、これからの小売は、人の動線上に小型のブランド体験型店舗と郊外に効率化された自動倉庫の組み合わせになるのでは、
・小型店舗でブランド体験をし、欲しいものをネットで注文
・郊外の自動倉庫で大量の商品を大量にさばき翌日には手元に届く

となると、アマゾンが投資するとしても、
・生鮮系のスーパーとかか
・ブランド価値を高める小型店を人の動線上にたくさん持っている企業
・でもそういう店舗買っても結局アマゾンブランドにブランド替えしなきゃいけないから後者はなさそう

あとは、最近のアマゾンの投資は、人の生活に入り込み顧客データを抑えることにあるから、アレグザ周りでAWSとかECみたいなインフラ築ける領域を探すのでは
Amazon EchoはオフラインのUX(顧客体験)なので、ユーザーによって利用方法が異なることに一番の価値があるのでは無いかと思います。

オンラインだとある程度Amazonで商品を購入しようというユーザーのデータしか取る事ができ無いため、Amazonが収集できるマーケティングデータはある程度バイアスのかかったものになってしまいます。

ただ、オフラインで家庭やオフィスに一台Echoがあればショッピング以外のニーズのリサーチや傾向などにも応用できるため、その人の生活に合ったものをパーソナライズ(その人に合わせたもの)として提供できるようになります。それがいわゆる次のUXエンジンになるのだと個人的には思っています。
試してみたい。Amazonの顧客データなどが活かされているのでしょうか。
既存の曲を検索する事なら今あるモノとあまり変わらない気がします。如何に自分が気にいるであろう未知の曲をレコメンドしてくれるか。そこに音楽産業の未来もある様に思います。検索ではなくてレコメンド。とすると音楽だけとるならSpotifyに分があるかなと。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
147 兆円

業績