新着Pick
176Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ん?なんか書かれていることが30年前の理解とあまり変わらないのだが。

例えば、ハイコンテクストとローコンテクストというのは、原典は
Edward T. Hall, 1981, Beyond Culture, Random House.
ここですでに説明されている。アプローチもほぼ一緒。

ビジネスパーソンに対するインタビューからその行動様式をというのは、ホフステードのこの研究での個人主義と集団主義、そして権力の距離という概念でほぼ到達されていると思う。
Geert Hofstede, Culture’s Consequences, Beverly Hills CA: Sage, 1980

この記事の8個の要素を抽出したことが新しいというのかもしれないが、しかしそれも多種多様に存在する分類の一部。

個人的には、国を単位にして文化を定義するのは、少なくともビジネスの文脈からは少し古くなってきていると感じています。それに覆いかぶさるような、職業人の文化、組織の文化、集団の文化との相互のインタラクションの結果として生まれる個々人の特性をしっかりみないと、ビジネスの文脈では不十分と思うのです。
アメリカが世界を牽引している間は、アメリカ的価値観が良しとされてきました。しかしインドや中国が台頭すると、両国の価値観が良しとされる時代が来るかもしれないーー。メイヤー氏の指摘、なかなか本質をついています。
アメリカも日本も「時間厳守」の意識が強いですが、中国は「フレキシブルなスケジュール」を好む。ひょっとして「時間厳守」の重要性が薄れる時代がくるのでしょうか。
私がグローバルの方々と仕事をして常に意識しているのは、もし違和感を感じたらまず自分を疑え、です。その違和感は往々にして日本的教育や宗教観から生まれる事が多い。一方で相手がなぜ我々と違うのかその背景を疑ってみると地理的もしくは哲学的な観点から面白い発見があるかもしれません。そうやってグローバル感覚を研ぎ澄ます事が大切だと思っています。
国民の特性を決める根本には、哲学や宗教などがある。だからこそこれらの勉強が大切。

記事にあるように、「ある文化にどっぷり浸かっていると、その文化の内部における少しの違いがはっきり見えます。しかし一歩外に出ると、そうした違いなどわずかだと気づく」。

哲学や宗教、各国の歴史を勉強しながら、自分の感覚値と比較し自分なりの異文化理解力を高めたい。奥深い!

STAY GOLD!!
最近引用されることの多いメイヤー氏。ホフステッドから何か進化しているわけでもないという指摘もありわからなくもないですが、8つの指標をわかりやすく設定したのがこの研究の秀逸なところでしょう。

ただ「国」という分類で文化を相対化するのは今後ますます難しくなると思います。例えば東南アジアでは都市部とそれ以外の経済格差が大きいため、国よりも都市の価値観の差が大きく、むしろバンコクやジャカルタなどの都市圏同士の価値観は近いように感じます。また、急速に経済発展する新興国では、世代による価値観の違も非常に大きく、「〇〇人だから」と括ってマネジメントするのは注意が必要です。

文化は触れている情報の質により形成されていくので、人と情報の移動が垣根なく行われる中で、国境による文化の分断は徐々に薄まっていき、代わりに国をまたいで形成されるソーシャルクラスタごとに文化が出来ていくのかもしれません。
今回もたいへん気付きの多い内容でした。日本はかなり特殊なんですね。チャートを見ると顕著で驚きました。

できる限り同質性の高いつながりだけでなく、異なる価値観に触れていかないと、幅が広がらないことを改めて認識しました。

〝ある文化にどっぷり浸かっていると、その文化の内部における少しの違いがはっきり見えます。しかし一歩外に出ると、そうした違いなどわずかだと気づくでしょう。〟
日米の差はありすぎて同じ人間なのに本当にわからない感覚というものが存在します。変な話かもしれませんが、なぜそう感じるのか?理解するために教えて欲しい、とこれはアメリカ人と面と向かって、アメリカ人としての感覚を聞いて教えてもらい、理解することをしています。

同じ人間であるからこそ、共通した原理原則はあるので、分かり合えることは絶対に存在すると思いますが、価値基準が大きく異なるために理解ができないと、分かり合えない気すらします。「極端な文化」の洗礼をまさに今受けています。
このビデオを見ると数十年後には国で分けて考えるよりも、個人の軌跡で見ていく方がその人自体の考え方や背景を知る上では重要なのではないかと考えさせられます。

momondo – The DNA Journey
https://www.youtube.com/watch?v=tyaEQEmt5ls
本記事で注目したコメント:

① グローバル化により、全世界的にローコンテクスト(はっきりとものを言う文化)にように変化している
② 異文化の違いに比べれば国内の世代間の違いは微々たるものである
③ アメリカ、オランダ、日本は極端なスコアが出る
④ 文化は必ず変わるが予測は難しい
⑤ 宗教・哲学が文化の特性を決める
⑥ 子育てや学校教育も価値の継承に大きな役割を担う

また本記事で、異文化研究の第1世代は日米比較を基本としたことを知った。「国際進出がさかんで、特徴的な国」だったからだという。これは実は戦略論に関してもほとんど同じ歴史だったと思う。世界経済を牽引してきた米国企業の戦略論(主にポジショニング)が隆盛し、その後、GNP2位まで駆け上る日本企業の戦略論(主にケイパビリティ)が盛り上がった。

一般に経済力が「下部構造」として政治・文化などの「上部構造」を支えると考えられてきたが、文化力が経済を支えたり導いたりする側面にもっと注目すべきなのだと思う。グローバリゼーションがどれほど進展しても、ローカリズムはなくならない。なぜなら文化はすべて、ローカルの中に埋め込まれているからだ。今後、グローバルとローカルのダイナミクスは、経済一本やりのロジックから、経済力と文化力が互いに影響しあうストーリーへと変化していくだろう。
日本人がよく考えてから発言するのに対し、欧米の方はとりあえず発言しながら考えている。このせいで日本人はシャイで何を考えているか分からないと勘違いされやすい。どちらが良いか悪いかではなく、こういった違いを双方が理解しておくことが大切。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。