新着Pick
331Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧米の大企業の中は、小売やアパレル業界の企業であっても、自らをTech企業、デジタルカンパニーなどと呼んでいたり、CDO(Chief Digital Officer)を設置したりしている企業が見られます。デジタル技術をどうビジネスに使いこなすかが勝負になってきています。

次はロボット技術の番で、ロボット技術を単に導入するのではなく、いかに自社のオペレーションを変革できるか、新たなビジネス価値を創出できるかという攻めの視点が勝負を分けそうです。

このとき、人材の流動性が大事だと感じます。ロボットベンダーとユーザー企業の間での移籍がもっと増えて、ロボットもビジネスも分かる人材が増えれば良いと思います。
もう一つ忘れてはならないのは製造業の本国回帰。

製造業のオフショア戦略は、現在、大半の開発途上国で人件費や輸送コストの上昇、労働者不足に直面しており深刻な事態に陥っている。

こうした状況に対して製造工程においてロボット化がより進んでいくと、製造業の本国回帰という逆転現象が起きる。

輸送リードタイムとそれにかかるコストも勘案すると、昨年アディダスが20年ぶりにロボットを中心としたスピードファクトリをドイツ本国で稼動させたようなことが普通なこととなる。
AIやセンサーの価格の進化に比べて
ロボット自体の進化が追いついていない。

モーター駆動以外の方法等のブレーク
スルーが必要。

例えば、ロボカップでは、2050年に
サッカーでワールドカップチャンピオン
に勝つ事を目標にしている。

頭脳側は、既に人を全く寄せ付けない。
問題は、フィジカルに動かすロボット側
である。
確実に無人化出来る分野から優先的に段階的に進めた方が良い。そこで不要になった人員が介護現場など、人員不足であえいでいる分野へ入っていくだろう。人員さえ確保出来れば、介護分野は結局無人化までは出来ない業種なので、そこに対して、ロボット開発や費用投資をする必要もなくなる。その浮いた費用を介護現場の人員配置増員や待遇改善のための費用として使う事も出来る。
どれも現実的で、現状の研究や実証実験が目指してる先にある。

中でも、7と9が個人的に一番インパクトあると思っています。

7はまず制御技術や柔らかい素材のロボットの出現。
 人間の横にロボットが一緒に働く光景(現時点でやったら危険すぎて悲惨な事故起こる)
9は資源採掘と物流と医療
 人間が必要なものを特に見えない場所でロボットが担う

9はもう一つ”災害支援・救援”も入る気がしてます(医療や公共に含んでるのかな?)
極限状態でタスクを実行しなければいけないシチュエーションの代替、でいうとレスキュー隊とかなので
災害時の支援や救援ロボット、かなり研究が進んでいる印象です
2020年までには、物流ほどではないけど多少は実地で使われる機会も出てくるかと。
起こりそうなことが並んでいます。ぼくはロボット端末をつなぐクラウドやネットワーク機能にイノベーションが待っていると思います。PopTech特区のCiPでロボット向けに指令を発するIoT放送局を構想してるんですが、誰か実行するひといませんかね。
予想よりロボットが役に立たなかった、失敗例も沢山出てくると思う。ロボットに任せない領域を決めて、ロボットを導入しないと、無駄な時間とコストを掛けることになる。
ロボットが雇用を奪うと言われていながら、ロボット関連の人が不足する、というのがなかなか興味深いです。

〝4.ロボティクス関連の人材が不足する
 2020年までにロボティクスの成長は優秀な人材の獲得競争を加速させ、平均給与は最低60%上昇するにも関わらず、ロボティクス関連職の35%は人材が不足する。 〟
そうなるでしょうね、という感想
株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 ウィキペディア
時価総額
168 億円

業績