新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

48Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
後編では、より詳しく、「自媒体」のビジネスモデルを解析しました。その広告記事の収入は、個人の書き手としては、驚くべきものがあります。もちろん、彼女たちのように消費やらライフスタイルに特化した書き手だからこそ可能なものだともいえて、政治や社会問題をテーマにしたら、こうはいかないでしょう。しかしながら、夢のない仕事と一般に思われがちのライターの世界で、こういう形で「一攫千金」ができる人が現れているのは非常に興味深い現象です。
正にうちではこれらのセルフメディアをマネジメントして収益を上げています。高いメディアだと一本100万円を超えるものも多いです。中国にはセルフメディアの運営だけで成り立っている会社が無数にあり、一大産業になっています。また、消費者との粘性が高いメディアは確かに影響力も高く、既存メディアよりも費用対効果が高いです。
日本語の記事で「自媒体」での収入などの実態について迫ったものは殆どありませんね。数字が具体的に紹介されているので、ビジネスの肌感覚が伝わってきます。
後で読みたい
この連載について
東アジア領域を専門とするNewsPicks特約コレスポンデントの野嶋剛が、グレーターチャイナ(中国、香港、台湾などの中華圏)を中心に、東アジアの今を解読していく。