新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シーメンスは過去3年間、組織レイヤーを簡素化したり、間接部門を統廃合したり、またいくつかの採算割れの大型プロジェクトを整理してリスクコンティンジェンシーを減らすなど、内部改革に注力して来ました。
それに加えて、将来への投資を自社のR&D強化及び事業買収によるポートフォリオの組み替えで実施してきました。
それらの結果、案外知られていない事ですが、ソフトウエアの売り上げで世界で13位、欧州で2位の企業となりました。

現在シーメンスは、開発用の3D CADから、プラントの遠隔監視まで、産業のほとんどのバリューチェインに関わっており、この幅の広さをどう掘り下げて行くかが、今後の課題です。
自らが欧州でリードするIndustrie4.0でのIoT技術を活用し、産業、発電、インフラの各分野でElectrification(電化), Automation(自動化), Digitalization(デジタル化) という最も成長が見込めるドメインでの事業展開が今後主戦略となります。
我々はこれからの時期をOwnership Culture(創業者精神を持つ企業文化)での第2の創業期と位置付けています。

(追記)
三上さん、コメントありがとうございます。
発電所のビッグデータ解析は、シーメンスも米国で他社製タービンを含む発電所で実証実験を実施しており、年間約200万ドルの追加利益を達成しています。この分野は現在、Aiを使った解析ー>運転指示を如何に自動化するか、卸売市場の売電価格を天候等外部要因も含めて如何に予測するか、部品の寿命をいかに正確に予測して交換するか? 等、次のフェーズに来ています。
藤田のコメントの通りです。

もう一つだけ、ダボス会議のサステナビリティで
シーメンスは1位を獲得しました。
戦略の一層の実行が我々に課された課題と考えております。
記事では課題提起がされており、若干否定的な印象を受けました。しかし、この規模の企業は、経営戦略として事業ポートフォリオマネジメントを行い、常にキャッシュフローが回っている事が、全社としては重要だと思います。よって、シーメンスとGEを比較する事が間違っており、あくまでも事業単位で比較するべきだと思います。

業績