新着Pick
340Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
有識者って何だ!
ここの書き込む方の意見を見ると「総スカン」の様だ。
あれこれ言う前にまず、アンタらが全員地方に引っ越せよ!
誰が見ても「失敗」に終わる事を真顔で考えるアホらしさ、何十年も前から、相変わらずナンセンスだ。
安倍さんは「異次元の発想で・・」と言うが、昔から異次元で無い。
人気 Picker
東京にある大学をどんどん閉鎖すればいいのです。
「be動詞」から英語を教える大学など不要。

数を減らせば、いきおい地方の大学にも受験生の目がいくので「税金の無駄遣い」と「若者の地方志向」の両方が可能になります。

まあ、事務局主導で動いているのが有識者会議ですから、役所に都合の悪い案は出てこないでしょうけど。
世界一魅力的で、世界の都市と張り合っている東京のパワーを分散しようとするよりも、地方は海外都市から人やカネを引っ張ってくる戦略を考えたほうがいい。大阪がインバウンドで賑わっているように。
なんでわざわざ力を削いで分散させるの?都市間競争で負けちゃうよ。みんなで負けようってこと?
増田さんは、もともと東京一極集中が日本を滅ぼすという主張ですからね。都知事選の時にはそこを突かれて結構苦しんでおられた。ただ、政府の政策がどうであれ、大学を選ぶのは学生たちです。ニーズがないところに供給もないように思いますが。
学生の立場で考えると、絶対やめるべき。

ほとんどの大学生は学部 or 大学院を卒業して就職するわけですが、圧倒的に地方学生は不利です。

まず企業にも採算がありますから、採用活動はどうしても都市部中心になります。そしていくらITの時代だからといって、やっぱり都市部と地方だと学生の情報量には差があります。就活の話だけではなく、学生時代の活動もやっぱり都市部の人の方が先をいってる。

ちなみにこれは東京が最先端で、次いで大阪、次点に名古屋です。(福岡や仙台なども名古屋に近いかな)

結局企業が東京に集中しているのが根本的問題(?)なので、そこに手をつけずに小手先の術のように大学を地方に増やすなんてやっても、不幸な人を増やすことになりかねないなというのがわたしの感想です。
私は大学の東京集中は是正する必要はないと考えます。

分散すべきは大学ではなく、企業・雇用でしょう。

地方創生を担う若者であっても、生涯を一地方に閉じこもっていては、知見が広がらない。大学の期間、日本中世界中から集まる同世代の学友と切磋琢磨し、知見を広げてから地方に戻る方が地方の可能性が広がるのではないでしょうか?

大学生は地元を出て、東京(に限らず、世界中への留学も含む)で多くの人や物と出会い、知見と視野を広げる為に大切な人生のチャンスだと思います。
大学の東京への一極集中はメリットもある。慶應の助教だった頃、気軽に東大にセミナーを聞きに行ったり、東工大の先生とカフェで議論したり、JAXAや国立天文台の共同研究者とも電車で1時間で会いに行けたりした。イノベーションは往々にして研究者同士のインタラクションから生まれる。研究者は数だけではなく、密度も大事。分散させて薄めてしまってはダイナミクスが落ちる。

東京の一極集中こそ、日本のアカデミアのアメリカに対する利点。アメリカは広い国土にトップ大学が分散しているから、会いに行くもの数日掛かり。トップ研究者の数において日本はアメリカにかなわない。ならば東京に一極集中させて密度で勝負するのもありなのでは?

で、東京からどんどんイノベーションを生んで国を活性化させることで、地方に還元すればいいんじゃないかと思います。
東京の大学を卒業した学生が東京に残るのは、それだけ魅力が地方に比べて高いから。
地方が魅力であれば、勝手に帰ります。

大学を分散させて東京に来させる機会を減らし、魅力を知る機会を減らすのは正しい方法とは思えない。
情報の非対称性を高める施策は、長期的には人の成長を阻害し、国力を削ぐと思います。

好きな恋人に「他の異性と話すな」と言っているのと本質的に同じ。
2カ月前のこちらの記事でも批判が多かった大学の政策的地方分散。
https://newspicks.com/news/1918761
このときも書きましたが、地方大学が差別化することで人を集めるのが本筋であって、大手総合大学の縮小コピーでは人が集まらないのは当然。全く変な議論と思います
今の入試動向は、少子化で実家の居心地が良くて完全に地元志向。就職も同じく。
こんなことやってもなんの意味もない。そもそも18歳人口は1992年の204万人から半分近くに減っている。原因はそれ。
若者の内向き志向を批判したかと思えば、今度は地元に定着せよ。いったいどっちなんだ?
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ4T7GGNJ4TUTIL099.html