新着Pick
263Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2016年度の賃金指数の特徴は、3月、6月、7月の3か月にわたって、名目上昇率が前年同月比で1%を超える高い伸び率を示す中で、実質賃金指数がこれを更に上回る上昇率を記録したということ。(3月名目:1.5%実質1.6%、6月名目1.4%、実質2.0%、7月名目1.5%、実質2.0%)
http://nonkinonki007.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
http://nonkinonki007.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

「名目」とは「金額」を表す数字で、「実質」とは「量」を表す数字。
実質の分母は消費者物価指数総合(持ち家の帰属家賃を除く)であり、賃金で考える場合はこの「消費者物価指数総合(持ち家の帰属家賃を除く)」のことがイコール「物価」として考えられています。

今年度実質賃金が上昇した最大の理由は、名目値が上昇したことではなく、「原油価格の下落に伴って、エネルギー価格が大幅に下落したこと」にあります。

「名目値」とは、「物価×消費量(実質値)」ですから、「物価」が下落するということは、掛けられる側である「実質値」がよほど上昇しなければプラスに転じることはありません。

単に前年度比をクリアするだけでなく、それを上回る量の実質値が上昇しなければ、名目値が+に転じることはありえないのです。

このケースは賃金に伴う名目値ですから、GDP等の指標と同列には考えられないかもしれませんが、「物価が下落すること」=「消費が下落したこと」ではない、ということを示した典型的な事例です。

日銀及び安倍内閣が目指しているのが「2%の物価上昇」ですから、ここにとらわれていると、「物価が下落しているからアベノミクスが失敗した」様にとらえがちですが、この数字を見ても「物価が下落しているからアベノミクスが失敗した」説がいかに経済の実態を見ていない妄想であるのかということがよくわかります。
人気 Picker
というか「じゃあアベノミクスの過去5年間はマイナス(あるいは横ばい)だったのか」と驚く人が多いのでは。
やれ経団連など大企業は四年連続ベアだとか有効求人倍率は過去最高とか、都合の良い数字だけ切り出してメディアがよいしょばかりしてるから、実態は何も伝わってないですよね。
実質賃金が五年ぶりにプラスになった背景には、物価が下がったこともさることながら、賃金水準の高い一般労働者数の伸び加速と賃金水準の低いパートタイム労働者数の伸び鈍化が名目賃金上昇に効いていることにも注目すべきでしょう。
実質賃金はずっと低下し続けていましたが、ようやく底をうった感がします。

人出不足が深刻化しているので、徐々に改善はしていくでしょう。
これはとても重要な事です。

良く日本の生産性が低いという話があります。
生産性と言うと、もっと厳しい仕事をする
様なイメージがありますが、給与があがる
事ももう一つの方法なのです。

大変で、人がやりたがらない様な仕事は
給与があがらねばなりません。
この事実を突きつけられると、民進党は北島康介みたいに『何も言えねぇ』としか言いようがないですね。労働環境が劇的とは言えないまでも改善に向かってるわけですから。自民党がやっている経済政策はどちらかと言えばリベラル的な政策ですし。
名目賃金の改善ももちろんですが、所定内給与が6か月連続で改善というのは要注目です。ただ、長期時系列でみた所得分布別の伸びをみると、高所得層は再分配後で低迷が続いており、ボトムアップの傾向が続いているようにみえます。
国民所得がプラスになったことは一歩前進だと思います。次はプラスになった所得が消費として循環する事がポイントだと思います。全額貯蓄となると経済効果は限定的ですので、所得が増加した人には積極的に消費活動をして欲しいですね。ここで税金引下げを行えると、可処分所得が増加する事で、消費者心理に働きかけられるのですが、歳入と歳出を見る限りそこは期待できませんね。
去年の給与総額は前の年を0.5%上回り、3年連続で増加したとのこと。物価の変動分を反映した実質賃金も0.7%増え、5年ぶりにプラスです。フルタイムもパートタイムもそれぞれ+0.8%、+0.4%増えていますから、人手不足感が賃金全般に反映され始めたということで、働く人々にとっては明るいニュース。ただし、円安で物価が上昇を始める直前の2012年と比べると、実質賃金は3%ほど減っています。
荒っぽく見ると、この間、日本企業の経常利益の合計は4割弱ほど増え、円はドルに対して4割弱ほど安くなりました。つまり、企業の利益はドルのベースで横ばいです。
一方、働く人が貰うドルベースの給料は、円安の影響で確実に4割近く減っている・・・・ 外国の人が日本に沢山観光にやってきて安くなった日本人のサービスを買い、外国に出る日本人観光客はいまひとつ元気が出ない。そう考えると、この賃金上昇の嬉しさも、中くらいなり俺が春・・・。
名目賃金が前年比+0.5%では、手取り賃金が上がったことを実感している人は少ないだろう。特に年後半は生鮮食品をはじめ食料品価格が高騰したが、それは実質賃金算出の要素に含まれていない。ミクロ的には、年後半は生活が厳しくなったという実感の人も少なくないのではないか。
実際には原油安や円高などで物価が下落した影響が大きい様子。
【消費者物価、4年ぶり下落 16年は前年比0.3%】
https://newspicks.com/news/2027810

厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/30-1a.html