新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全くPEとは関係ない話題になってしまっています。因みに日本でも消費者金融(いわゆるサラ金)が問題になったことがありますが、今や、その多くはメガバンクの傘下に入っています。以前コメントした通り、日本では商業銀行が「王様」であるのに対し、米国ではPEが王様だと言うだけの違い。事業を継続するためには、貸し倒れ確率が10%を超すような層への融資の利率が高くなるのはやむを得ないことであり、それでもいわゆる「ヤミ金」よりは良心的であることは周知の事実。誰がスポンサーかに関わらず、いわば社会の「必要悪」です。

なお、法案の草案を書くのは、日本では長い間、商業銀行の行員でした。僕も経験ありますが、銀行員が金融庁に出向いて法案を作るのです。こういう慣行であるから銀行の既得権益は守られてしまい、PEをはじめとする新興運用業者等の参入を阻んできたのです。
プライベートエクイティって何かわからなかったので、置いてきぼりになった一週間(涙)