新着Pick
445Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは去年のCEATEC JAPANでも展示されてましたね。見た目のインパクトは大きい。こちらよりも、一緒に展示されていたFolioに将来性を感じます。去年の6月の記事が今頃Pickされるのは何故?とは思いますが、それくらい折り曲げる事に関心が集まっているのだと思います。

『Lenovoの「折りたためるスマートフォン」は商品化の期待大。CEATEC JAPAN 2016で見かけた変わり種デバイスをレポート』
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20161006135/
ポイントは、これをつけて街を歩くことが、世の中からクールと思われるかどうかですね。
グーグルグラスの場合は、街で付けている人が馬鹿にされて失敗した。

こういう製品を作る時は、技術ドリブンでいくとマーケットフィットしないリスクが多分にあります。
この手のプロトタイプと商用化はかなりのハードルがあるので、生温かく見守りたい。
Rikiさんのおっしゃるとおり、電池が課題。
ウエアラブルの未来を大きく変えるような技術ですね。

今のアップルウォッチはiPhoneの出先期間のような役割です。
しかし、スマホ自体がこうやって腕に巻けるようになると、本社をそのまま体に設置することができるので可能性が飛躍的に広がります。

耐久性は大丈夫かな?
曲がるよりも何よりも、画面が割れなくなるだけで需要が高くなると思われます。
昨年のCEATECで現物見ましたが、曲がり方がぎこちないんですよね。パナはフレキシブルLiBを発表しています①。組み合わせるともっと滑らかに曲がるかもしれないですね。
電池容量に課題があるという事は、見方を変えれば消費電力が大き過ぎるという事です。省消費電力化にはあまり触れられませんが、電池の高容量化もかなり厳しいところまで来ているので、両面から対策必要でしょう。


https://newspicks.com/news/1805451
この手のデバイス、面白くて好きなんですけど、結局、曲げるメリットはどこ?というのが、いまいち弱いんですよね。腕に巻けるというのは、そこまでメリットにならないかなぁ。
併せて載ってる大学の研究は、そこの部分を曲げることによって可能になるインタラクションの新しい形、として提案しているわけです。
ポケットから取り出すという動作をなくす、というのであれば腕に巻く、目にかけるという方法の他に、手に装着する(手袋型)というのもありかもしれない。
曲がる必要はないかもしれませんが、曲面ディスプレイの需要はこれからどんどん出てきそうですね。
腕に巻き付けるよりも、スマホを折り畳んでコンパクトにして持ち運べる方がありがたいです。

業績