新着Pick
288Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
環境が整わないとですね。
人気 Picker
社員の代わりはいても父親の代わりはいませんからね。それに社会全体の幸福度と生産性を高めるには子供の自己肯定感を高めることが最も効率的だと思います。なぜなら自己肯定感は幸福度と生産性のコアですが1度下がってしまうと上げるのが大変だからです。そんな子供の自己肯定感を高めるには母親の笑顔が一番大切で、その母親の笑顔のためには父親の理解と連携が不可欠です。

つまり同一労働同一賃金、ワークシェアリング、産休や育休、リモートワークなどの労働改革による男性の育児参加は少子化対策になるだけではなく、母親の笑顔と子供の自己肯定感を高める結果として将来的には国全体の幸福度と生産性を高めるための投資とも言えそうです。そんな笑顔が溢れる社会の実現にはまず子供の笑顔から。そのために両親の笑顔を大切にしたいものです。
日本との違いを如実に感じるコメント。
日本が全てを見習うべきとは思いませんが、子供の立場で考えると、オランダの方が幸せでしょうね。父親との遊びは冒険心がかきたてられて、楽しかったし。

「大人って、仕事じゃなくて、子どものためにこの世界にいるんだと思うんです。もちろん家族がごはんを食べるためにお金を稼ぐことは大切。だけど、いちばんは子どもであり、父親であることとお金を稼ぐことのバランスを間違えてはいけない」
これはどれが正解ということはなく、個々の求める物から来る優先順位で良いんじゃないのかなと考えています。

僕は育児参加出来ていないけども、得手不得手もあるし職業もあるし個々の取り組みがあって良いと思ってます。
さすが自転車 前乗せですねぇ