新着Pick
460Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
何を見せてくれるのか楽しみです。直接電極刺します系じゃないことを期待したい。
人気 Picker
これがブレークスルーになるかどうかは別として、本質的な話ですね。いずれ人間を従える様になりかねないヒトと独立したAI。あるいは、人の脳の機能があくまで主でそれを補助するヒトと一体化したAI。後者を早く作りあげよう、ということだと思います。ある世界的なAI研究者と話した時に驚愕したのは、彼のビジョンはヒトと蟻の関係が将来のAIとヒトとの関係になる、というものだったこと。AIが上位の存在になるのは自明だが、ヒトが蟻のことをあまり気にしない様に、AIもヒトという種のことは気にしないだろう、と。個人的にはその様な未来をヒト自らの手でつくりたくはないと思っています。
これは注目ですね。
---
マスク氏は、脳のニューロンに直接働きかける広帯域のインターフェースを開発する構想があると述べ、これを「neural lace」と表現しました。脳とコンピューターを直接結びつけるという突飛なアイデアに、インタビュワーは「それはGoogle Glassのようなもの?」と尋ねますが、マスクCEOは上手く説明できずに苦慮しました。そして、「私は人工知能に飼い慣らされ"ネコ"にはなりたくない」というたとえ話をした後で、「neural laceがあれば、ネコにならなくて済む」とマスク氏は述べています。わ
さすがイーロンマスク、人の先を行き過ぎて、私たち常人には理解できませんね。

しかし、確かにAIと脳神経科学は近いです。
私も最近、脳神経科学を勉強している起業家と議論する事が多くなっています。

かの有名なサイバーダイン社の介護用ロボットも、体を動かそうと考えた時に脳から出て皮膚上をわずかに流れる電流を捉え、それを基にロボットを動かしています(と聞いています)。

その技術を応用すれば、ヘッドギアを付けて頭の中で考え指示するだけで、何百万体ものロボットを動かせるようになります。
軍事用に使えば恐ろしいですが、ものづくりや仕事の現場で使えば、人間の生産性を高める最高の部下となります。
面白そうやん
最近、イーロンさんが人間に見えなくなってきたw
イーロン•マスクが昔、「最近のイノベーションは全部スマホの上で起こっている。けど本当のイノベーションって空飛ぶ車とかタイムマシンとか、そういうワクワクするものじゃない?」と何かのインタビューで言っていたのを思い出す。
テスラ、スペースX、ハイパーループ、そしてニューラルレース…この勢いで本当にタイムマシン作りそうだ。
単にHMIぽい。話題にあがってはなかなか実用に至らない。せいぜい猫耳うごかすくらい。
今のインターフェースはあくまで五感経由だが、直接脳の電気信号をインターネットとくっつけるというのは、まさに攻殻機動隊で日本人がすでにアニメで世界観を作っていること。
ある意味で人間がAI、もしくは他の人と意識レベルで繋がる可能性は技術的にはある。
それに対するチャレンジをしていくということでしょうね。
nural "lace" ですから「神経のレース(編み)」ですかね。"race"(=種族)ではないので。身体に纏うことでニューラルネットと触れ合うようなイメージでしょうか。
時価総額
3.59 兆円

業績