新着Pick
315Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
教え方を知る記事として良い
人気 Picker
言語による論理展開も数字/数式による論理も、客観的に妥当な意味の繋がりのシーケンスという意味で同じもの。

そして、言葉による論理展開と数字/数式による論理展開の違いは、言葉や文章が意味する内容が受け手によって相違や解釈の違い(意味のにじみやズレ)があるのに対して、数字/数式では意味のにじみやズレが無いこと。

従って、客観的な論理展開には意味のにじみやズレに起因する誤解や曖昧さが発生しない数字/数式が適しているが、言葉の持つニュアンスや意味の広がりがあるからこそ、スピーチや文章は人の心を打つことができるし、こころに刻みこまれ得る。

言葉と数式と両方使えることによって、正しく豊かな思考と伝達が可能になる。
頭良い子の自由研究って感じで、関連記事も含めて、非常に面白かった。大好きです!