新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンク,NTT,KDDIなど,携帯電話会社によるドローン事業への参入が相次いでいます.現在のドローンはラジコンに過ぎませんので,ラジコン用の送受信器を使っています.これは,ドローンの普及にとって大きな足かせです.そこで,自律化したドローンが目視外に数多く飛行するようになった社会を見据えて,自社の通信網(4G LTE,5G)に,ドローンの誘導,監視,管制を取り込もうというわけです.
ちなみに,現在の携帯電話網のアンテナは地上に向けられているので,空を飛ぶドローンとの通信は保障されていません.

Nakano Haruyoshi 様 申し訳ございません.上の見たては私個人のものであるということで,お許しください.
同様のマッチングプラットフォームは海外でも様々あり、日本でも今後も増えていくと予想されます。
一般的に、差別化要素としては、登録業者の数、納品までのスピード、品質の高さや安定性(登録業者に撮影業務の標準パッケージ・マニュアルを提供しているところもあります)など。また、過去に撮影した映像そのものの販売プラットフォームも出てきています。

プラットフォームビジネスが成立するくらい、ドローンの用途やプレイヤーが増えてきたというのは嬉しいです。こうしたサービスが産業をさらに盛り上げるのを期待します。
ドローンを利用したハンズオン型のビジネスコンサルティングに感じますね。サービスが一貫しているので、ワンストップで完結できるので顧客は安心できるのでしょうか。成長分野だと思うので楽しみです。
こっちもドローン投資。なんでもやるのは面白いけど、リソースも事業領域もばらけすぎていますよねソフトバンク。スピード感は素晴らしい。だが本当にできるかは怪しい。日本は高い品質を要求するから。
気球でちょっと浮かせるだけで、随分電池節約できるかもなぁ え、もうだれかやってる?
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績