新着Pick
171Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こういう流れに乗れる人脈とスキルを持てると良いですね。
人気 Picker
【チーム採用】
コンサルの中途採用も同様の世界でした。日本だとBIG4(特にPwC、デロイト)+アクセンチュア+IBM+アビームあたりの中で人がぐるぐる動くことが多い印象です。大日本コンサル連合つくって、その中で異動させればいいのにと思ったことも。

ちなみにチーム採用もTech界隈以上に活発ですね。よくエグゼクティブサーチ(前金制のヘッドハンティングみたいなもの)に1000万円近くのfeeをお支払いしてパートナー・MDクラス(役員クラス)の方を採用しています。

これは一見高額のように見えますが、実はリーズナブル。なぜなら、彼らは古巣にいた右腕たち(元部下の方々)を3〜10人ほど連れてきてくれることが多いからです。当然、その方々の分のfeeはかからず、チーム1人あたりの採用単価は100万円未満となることも。

チーム単位での採用は、採用する側にとっては嬉しい話ですが、辞められる側の会社にとっては死活問題。自社でいかにやりがいをもって働いてもらえるかが非常に重要となりますね。
外資投資銀行の世界でも「チーム転職」は日常茶飯事です。

ヘッドハンティングは、人材紹介会社に自分で登録して仕事を紹介してもらうのと違い、プロスポーツ選手と同じ、言わば「スター選手の引き抜き」です。

当然、そこで動く金額は億単位。
一見、華やかなに見えますが、ヘッドハンティングされる側に対する期待、プレッシャーは半端ではないです。

例えば、現職でマネジャーとして活躍し、チームで100億円稼いでいたとしたら、次の職場でも最低100億円以上の活躍は期待されます。
引き抜く側は、それを期待して大金を積んでハンティングしているのですから。

しかし、その100億は多くの場合、その個人の力で実現しているものではありません。
例え、自分が中心的な存在であったとしても、「チーム」で実現しているものです。

すると、当然その人は、次の職場での100億円の「再現性」を考えます。
そうすると、一番再現性が高いのが、当然「チームで転職する」という事なのです。

転職先の企業も全員雇う余裕はないので、「いい奴が居たら一緒に連れてきていいよ」となります。
かくして、優秀な人だけ抜けて、そうでない人だけが会社に残るという恐ろしい事が現実となるのです。
すごい引き抜き合戦(笑)
この争いの中で勝つためには、満足要因に関する打ち手はかなりの深さが求められるだろうし、衛生要因に関してはかなりのバリエーションが求められるだろうな。Googleとか人事だけで一体何人いるんだろう。
自分がここにあげられてる会社の人事だったとしたらどういう闘い方をするかな。想像もつかない事が行われてるんだろうな。
チーム転職はよくある話。過去にチームで採用した経験もありますが、その時に意識しなきゃいけないのはチームで転職する人たちの所属する既存チームとのバランス。新しくきたマネージャーが前職の部下を連れてくるケースなどは特に。
Samsungが日本の技術者を引き抜いたらパクリと言われる。記事の人材争奪戦にもそんな側面はありそうです。なんか日本は引き抜かれるばっかりで、海外からどこからでも良い人を引っ張ってこれない業界があると思う。
プログラミング言語は種類によりますが、理解出来るので、お声かけて欲しいものです。音楽部門なら多少お役に立てるかと。読み書きは多少出来ますが、英会話もっと磨かないとダメですよね。きっと。
チーム転職は事業譲渡に近いダメージを負うこともある。これを日本でやろうとすると、企業文化で許されないというか、辞める方々は大変な目に遭うだろうと思う。引き抜き合戦というのはそもそも日本だと人材のハンティング自体が少ない。それにこういう人の移動は営業秘密の漏洩にもつながりやすい、人を抜き取ることは技術を抜き取るということになるからだ。

米国でも営業秘密、トレードシークレットの流出は非常に敏感な領域だがこのような引き抜き合戦にどちらもクレームしないのは、つまり、「お互い様」ということだろう。
さすがなのは、上の事例は全て米国企業同士ということ。海外への流出については判例も多いように思う。
新卒採用でも、優秀な研究チームをマルッと採用→一つの部署にしてしまうという選択肢もありそう。
チームで裏話して、ごっそり退職していき、そのメンバーで新会社設立。あるある。
M&Aとして事業買収やるより、引き抜きのほうが安いのというのもあるでしょう。
上の人を引き抜く場合、その人からすると意を汲んで手足になってくれる人が欲しいから、下の優秀な人もいっしょに引き抜きたくなる。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア