新着Pick
498Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
長時間労働自体を取り締まるのも必要かもしれませんが、そもそも長時間労働しなければならない根本の原因を解決したいですね。
旅行業界だけでなく、銀行、不動産など、様々な業界においてルーティン化された仕事を未だに人が行っており、非常に効率性が低く、生産性の低下を招いています。AI化、オートメーション化が進めば、労働時間も短くなり、生産性もアップします。
まずは窓口を人からPepperくんに代えるところから始めましょうか。
今日まさに『働き方改革に人事はどう向き合うか?』というテーマで、50社を超える大手企業の人事の方向けに基調講演でお話させて頂きましたが、過重労働による健康被害は、もはや「個人情報流出」に匹敵するコーポレートリスクになりつつあります。

これまではほとんど「無法地帯」で、「80キロ制限」の道路を100キロ200キロ出してかっ飛ばしていてもほとんど誰もスピード違反で捕まらなかったのに、急に取り締まりが厳しくなり、「走り屋」がガンガン捕まり続けてる、みたいな状況。車の運転と違い、急にはスピードを変えられないので、しばらくこの流れは続くはずです。
>違法な長時間労働があったとして過去に労働局の指導を複数回、受けていましたが

今までの指導の「実効性」がなかったことを如実に示しています。
厚労省関連は社会保険料の徴収も甘々ですから、会社側になめられていたのでしょう。

こういう先が、今後どんどん上げられていくでしょう。
(心を入れ替えて)厳しく対処して下さいね。
おやおや今度はHISですか?ようはどの会社も労基法違反やってるんですかね、大なり小なり。そういうのはやめましょう。長時間労働したって成果はあがりませんよ。我々みたいなジャーナリストの世界はちょっと違いますが。張り込みとかありますからね。それは特殊な世界、それ以外の社会では、長時間労働、止めましょうよ。
遂に、旅行代理店にも!私もエイチ・アイ・エスさんとお仕事していた時代がありますが、難しいのは、海外旅行を日常的に扱う旅行代理店では、当然ながら現地とのやり取りや突発的事故に備え、夜遅くでもスタッフを残しておかねばならないこと。

しかも薄利多売の同社のようなビジネスモデルでは、ある程度の長時間労働を前提に社員の給与や生活が成り立っている…
もちろん倫理的に、そこ自体も問題ですが、同時に社員の生活を守る施策を施さないと、結局は社員もハッピーではないと思います。
ユーザ側からすると値段の割には対応丁寧ですからね。当然しわ寄せが来てるわけだわさ
【社会】今度はHISか…。まだまだ出てくるのだろうなぁ。
パイロットが長時間労働で操縦を間違えそうだ、という話ではなさそうですから、最悪の事態ではないのでしょうが、それにしても・・・
長時間労働の撲滅は時代の流れになりつつあります。経営者の皆様の意識改革が強く望まれています。よろしく御願い致します。
労働組合を弱くした結果もあります。
官公労バッシングの風潮が、結局自分たちの首も絞めることになったのでしょう。
最近「かとく」の知名度が上がってきた気がする。
株式会社エイチ・アイ・エス(英語: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。 ウィキペディア
時価総額
2,047 億円

業績