新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レベルは全然違いますが、高校時代に甲子園を目指していた者として共感できる内容でした。元々、この手の選手の熱意はものすごいので、次の目標が決まれば自然とかなりの熱量を投入することができますが、いかんせん、次の目標がなかなか見つからないのが1番辛いですよね。

そんな中で、ラグビーの日本代表監督のエディー・ジョーンズの著書にこんなフレーズがありました。(以下引用)

『スポーツをする人間は学などなくていい。これほどスポーツやスポーツマンを侮辱した考えもないのではないでしょうか。人間の基本は、学問教育にあります。学問がある程度身についていないとどうしようもありません。まず、きちんと勉強をしてから、スポーツをするべきです。学問は人生をバランスの取れたものにします。生活の管理や、人生に関する諸事全般をどのように進めていったらいいか教えてくれます。人としての基礎を固めてくれるのです。今の日本におけるスポーツの地位、特に学校の部活動のやり方は、明らかに間違っています。』

野球バカという言葉は、本来、あってはならないんだなあ、と世界標準の眼から見た時に初めて実感しました。
私もアメリカンフットボール版を今年からコツコツ作っていくことにしてます。

「 野球界の技術指導の質の底上げをするために、理論や、理論に基づく練習メニューを共有するプラットフォームをつくりませんか」

でも目的は「技術指導の質の底上げ」ではないです。
技術指導の底上げは手段です。

目的は「初心者に早く競技の面白さに目覚めてもらうこと」。

まあこれはマイナースポーツだからこそかもしれませんが、特に地方では教えられる人材が少ない。

そして、学校や企業チームではなくクラブチームにおいて、教えられる社会人は、毎回の練習で全員がそろうわけでは無いので教えらえれる機会も少ない。

なので、初心者が競技の面白さに目覚めて夢中になりにくい環境にあります。

そこで技術的な評価基準を目に見える形にすることで、選手個人が自分でフィードバックをかけられるようにして、勝手に夢中になってうまくなるシステムを作ることにしました。
先日も違う記事でコメントしたけど、高校から一つのスポーツに注力させて放課後も夏休みも正月もないカルチャーをまず無くすべきかと。海外だと高校までは学期ごとにプレーするスポーツを変え、生徒達に一番フィットするスポーツを選ばせてるケースがほとんど。個人スポーツ・団体スポーツ経験させることで、一つのスポーツの独自のルールや戦略にとらわれない、柔軟な思考力が養われるのではと思います。
受験勉強は野球に比べて簡単だったというのは納得です。勉強は自分が工夫して頑張ればそれなりにできるようになりますが、野球はセンスやチームワークが必要になってきますからね。
著者の太田くんは、日本の野球界をなんとか良くしたいと本気で考えている同志です。こうした若者がいる限り、問題山積の野球界をなんとか変えられるかもしれない。本人に会い、今回の原稿を執筆してもらい、心からそう思いました。
中学で全国大会上位レベル、高校では関東大会レベルの環境で野球をやってきたものとしても、この記事はすごく共感できるものがある。(自分は最後ベンチにすら入れなかったが笑)

甲子園出場、大学日本一、元プロのような野球漬けだった人間が周りにいる自分からみて思うのは、そこそこレベル以上で活躍し続けてる人は野球での成功体験に固執してしまう傾向にあるなぁとすごく思う。(これは記事にある視野狭窄と同義)
同級生たちに見られたら怒られるかもだが、高校でレギュラー張ってたり、大学までやって活躍してた人と、高校時補欠で高校で野球諦めた人だと、現時点で次の目標を設定して活躍してるのは後者の補欠人材で、レギュラーバリバリだった人たちは比較的迷走しているように感じる。(当人たちからしたら余計なお世話だろうが笑)

指導の話も100%共感。

両方とも根深い問題と思うが、僕は視野狭窄を改善する方がより重要な問題だと思う。なぜなら、自分が所属していた高校は、比較的3番の指導方法を実施していて、今考えてもかなり進んだことを教えてもらっていた。しかし、結果として迷走してる人たちを量産してしまっている。
「野球バカ問題」は、能力の問題ではなくて、意識の問題のほうがより重い課題とおもう。
自分は「サッカーバカ」だったので興味深く読みました。
学生時代にスポーツに熱中した人が「燃え尽き症候群」にならないために、個人的に大切だと思っていること3つ。

①ロールモデル提示
本田選手や中田英寿のようなスポーツの世界だけに捉われないキャリア形成のマインドを、学生時代から教える(考える)機会をつくる。

②「考える力」を養うことに焦点を当て、「考える楽しさ」をスポーツを通じて学ぶ
MBA研修やデザイン思考の研修などを甲子園球児向けにやると効果的ではないだろうか?
論理的思考、クリエイティブ思考、リーダーシップなどを体系的に学ぶ機会は欲しいところ。

③スポーツを通じて経営を学ぶ
プロ野球やプロサッカーをビジネスとして学ぶ機会をつくる。堀江さんのようなスポーツをビジネスとして捉えることがカッコ良いと捉える人が増えれば、スポーツの経験をビジネスに反映させられる人も増えるのではないかと考えています。
甲子園球児のキャリア問題に関しては異論があるが概ね素晴らしい内容。育成問題に関しては、野球のみならずどこの分野でも同じ課題が山積している。人の可能性は大変伸び代があるので、とりわけ幼少期に関しては、ナレッジをシェアして再現性を高めていきたいところ。

ちなみに太田さん、就職活動中とのこと。ぜひ当社を受けてほしい。笑
「野球バカ」「スポーツバカ」だと、引退後に苦労するというのは、学生にかぎらず、プロにも当てはまる世界共通の話ですね。

最新の『ワールドサッカーダイジェスト』に掲載されている、サイモン・クーパーの論考『「引退後」という荒波』は、身につまされる内容でした。

引退と離婚が同時期に到来するとも書いていました。。。。
スポーツで実績を残した人材が企業から欲しがられることの1つにこういったクリエイティブ脳があると思います。普通の大学生に課題解決経験などほとんどありません。
ただし、肉体的な先天的な才能でそこまで上り詰めたのか、後天的な課題解決能力でそこまで上り詰めたのか、はたった30分か1時間の面接では分からないと言う、別の問題が浮上しますけどね
この連載について
自ら考え、伸びる人材をどうすれば育成できるのか。日本の野球界で新しい取り組みをする組織や、一流選手を育てるドミニカ共和国とベネズエラ、アメリカ、テニスの錦織圭などを題材に、若手教育のあり方を見つめ直す。
いであ株式会社は、東京都世田谷区駒沢に本社を置く準大手の総合建設コンサルタント会社。 ウィキペディア
時価総額
149 億円

業績