新着Pick
600Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ショーシャンクの空に」のモーガンフリーマンを思い出す。出所した後の、恐怖に近い不安と居場所の無さ。
社会全体としても、なるべく再犯を防ぎ社会復帰してもらいたいのだから、明確な仕事への道をしめすのは合理的だ。いまだ旋盤と木工だけということもないとは思うが、時代に合わせて具体的なアイデアは、どんどん投入すべきだ。
日本でこういうのが始まることはあるのだろうか。。、
犯罪は貧困課題と強く結びついている。
アメリカは、貧困課題の解決に対して、NPOスタートアップがインパクトのあるソリューションを提供しているのが素晴らしいです。

▼アメリカのNPOが優れている点
・優秀な人材がNPOに就職できる環境があること
・定量的な成果、活動のインパクトに焦点が当てられること

アメリカのNPOと言えば、Teach For Americaが有名ですね。一流大学の学部卒業生を、教員免許の有無に関わらず大学卒業から2年間、国内各地の教育困難地域にある学校に常勤講師として赴任させるプログラムを実施しているNPO。

TFAの事例も、アメリカの非営利セクターの強さを表しているなと感じます。
アメリカらしい取り組み!
第二のチャンスを求めるのは犯罪に手を染めてしまった人だけでない。
日本でも自立できるチャンスを与えるべき対象はたくさんある。
児童養護施設に身を置く子供たちへも支援できるのでは。
これはいつかやりたいと思ってる。就職だけのエグジットは狭き門で、起業でもさまざまな小商いもできるようになってきてる。もうすぐプログラミングが少年院でチャレンジできる予定。
涙が出そうないい話(一部のスキャンダルを除いて)。

起業には、「人生で成し遂げたいこと」が詰まっていると思います。
それを見つける手伝いをし、起業という名の再就職を手助けをしていく。

犯罪を犯してしまった理由はわかりません。でも、マズローの要求段階説に照らせば、このプログラムを受けることにより、行動が、「生理的要求」や「社会的要求」から、「自己実現の要求」に昇華したということではないでしょうか。
貧困へのアプローチとしても最適。嫌でも機会を与えられるわけだから、彼らの状況を理解したうえでのアプローチができれば、彼らの自尊心や自己効力感を取り戻しつつ、働くスキルを身につけるのだろう。

とはいえ日本でやろうものなら「起業家教育なんて先が見えにくいプログラムを実施するより、まず資格などの勉強をさせるべきだ」とか言われて導入に時間かかりそー。。

「非営利団体デファイ・ベンチャーズによるテクノロジーや起業の専門訓練を受けた人々の再逮捕率は、たった3パーセントだ。」というこの数字が出ていることで説得しやすくなったので、挑戦する団体が出てくるかな。

起業家教育に注目する人も増えてきたし、もし日本でも取り組まれるなら応援したい。
人間の一生は、誰と出会うか、何を感じるか、学ぶかで決まります。

この試みは、それまで不運にもそういう機会がなく一旦道を誤ってしまった方々に対して、一筋の、いや、かなり太い光となるでしょう。素敵なことだと思います。
ソーシャルインパクトボンドに適した事業モデル。
こうした芽を日本でも生んでいかねばならない。
大変結構なプログラムだが「小論文と行動記録に基づいてプログラムの対象に選ばれた受刑者」この時点でセレクションバイアスかかってるから再犯率に関して効果があるのかは不明
株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称:OLC )は、米国のウォルト・ディズニー・カンパニーとフランチャイズ契約により東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する事業持株会社の基幹企業であり、不動産業も兼ねる。 ウィキペディア
時価総額
5.39 兆円

業績