新着Pick

「東芝不正会計で損害」信託銀が提訴へ GPIFも請求

朝日新聞デジタル
2015年に発覚した東芝の不正会計問題を巡り、株価の下落で資産が目減りしたとして、三菱UFJ信託銀行など複数の信託銀行が東芝に対して損害賠償請求訴訟の準備をしていることが分かった。年金積立金管理運用…
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年金は受益者に対し、そして信託銀行はアセットオーナーに対してフィデューシャリー・デューティを負っている以上、当然の動きです。刑事告訴とかSESCによる課徴金とかいうのは本来は副次的なものであり、また、銀行が果たす銀行ガバナンスなども本来の姿ではない。取締役の善管注意義務が十全に果たされていたかどうかをチェックするのは、飽く迄も株主なのです。

是非、さが美事件でも株主の行動に期待します。→ https://newspicks.com/news/1950854?ref=search&ref_q=%E3%81%95%E3%81%8C%E7%BE%8E&ref_t=top
ガバナンスレスと言われた日本も、こういう事例が増えてくると緊張感が出てきて素晴らしいですね。ヘッジファンドにいろいろ言われても「金の亡者が」とかわせそうですが、、日本の年金運用者から言われると世論も一気に傾きかねないパワーがあります。資本市場改革の一つの成果と言えそうですね
GPIF流石です。というか当たり前だけど
当然の動きですね。
三菱UFJ信託銀のほか、三井住友トラスト・ホールディングス、日本トラスティ・サービス信託銀行、みずほフィナンシャルグループ系列の資産管理サービス信託銀行も損賠請求を検討しているとのこと。
今回は、あくまで2年前の不正会計問題に対する提訴とのこと。

先日、(法律に詳しくないので)特別背任に当てはまらないのかな?と思って構成要件調べ直していました。現段階では当てはまらなさそう?と感じたのですが、あたらめて、歴代トップ、そして幹部は、なぜ、何が目的でこんなことをいしたのか。言われるような理由だけで、ここまで多くの方に影響を与えることをするのだろうか?
真意がわからない。
GPIFは、受益者、つまり国民の利益を最大化するのが使命ですから、東芝提訴は当然です。
訴訟で認められるか否かは別として、東芝に対し信託銀行やGPIFが損害を請求するのは当然のこと。東芝の「チャレンジ」は高くついたな。
不正会計で損害が出たと非難する機関投資家は、はたして、東芝株を全部売却したか?
【会計】
ちなみに、会計監査人(監査法人)に対する監査の瑕疵に伴う損害賠償等は以下の通り規定されています。
http://www.fsa.go.jp/policy/kachoukin/02.html
三菱UFJ信託銀行株式会社(みつびしユーエフジェイしんたくぎんこう、英語: Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation、略称:MUTB)は、2005年(平成17年)10月に設立された、日本の信託銀行。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の子会社で、信託業務では三井住友信託銀行に次ぎ国内第2位の規模である。 ウィキペディア

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.80 兆円

業績