新着Pick

ライザップは「第2のユニクロ」を狙っている

東洋経済オンライン
パーソナルトレーニングジムを運営するRIZAP(ライザップ)グループは1月16日、カジュアル衣料専門店・ジ…
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ライザップ=結果にコミットする」というブランドの横展開で、英語だゴルフだ展開してきたことを考えると、「(洋服で目指すところの)結果にコミットする」ブランドになるのかな。

誰でもおしゃれになれるブランドとか???
あるいは、IKEAみたいに、そのためのコンシェルジュサービスも含めた店舗展開とか?
興味深いですね。目標にしていた体型になることで、商品の購入意欲が増す傾向というのはあると思います。そうなるとライザップの買収対象も色んな広がりがありそうです。優秀な人材を多方面から引っ張ってくることが出来ているのも、とても大きいですね。
別記事でもコメントしたのですが、ライザップのインドへの展開を期待したいです。

インドで「肥満税」導入を議論 来年度予算案に計上か ジャンクフードなどの普及一因
https://newspicks.com/news/2032582?ref=user_145831
SPAへの転換は可能性がありそう。ジーンズメイトは店舗数的にも使いやすそうだし社長の周りを固める布陣も納得できる
大胆なチャレンジですね!
勝負かけてますね〜

結果はこれからなので、評価も結果次第ですが、このチャレンジ精神は賞賛したいと思います!
ライザップの顧客層は値段面からも一定の富裕層なはず、にもかかわらず買収したのが低価格層のジーンズメイトでそこに流入させる、、
個人的に少し無理があるロジックな気が現時点ではしている、、
元々M&Aが得意な企業だったためこの流れは妥当。大手アパレルもファッション販売から出てトータルライフスタイルへシフトする中、当社も経営陣の思い描く壮大なプランでどこまで成長できるか期待です。
「痩せる」を叶えた後は「モテる」ですからね。そして次は「稼ぐ」(就職系)や「遊ぶ」(スポーツ)などの参入も考えられますね。
人間の欲求に紐づけてビジネスを考えると良い買収先事業が想像つきます。
ユニークな企業ですよね。仕事がら、様々な企業を調べる機会がありますが、新しいことを始める度に驚かされる企業はなかなかありません。

消費者から見て「結果にコミットしてほしい」サービスはまだまだあると思いますし、コミット達成後のアフタービジネスの領域も広がりを感じます。これからも注目の企業ですね。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.35 兆円

業績

RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,324 億円

業績