新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧米の女性になぜ働くの?と聞くと、「自由になるお金のため」「中流の生活を維持するため」というのが先にきます。日本と台湾は「一家のお財布は主婦が預かり夫はお小遣い制」という特殊な環境があるので、女性が「当たり前に働くこと」が阻害されてきました。「輝く」とか「活躍する」ではなく、まずは「当たり前」になってほしい。
2015年時点のニューヨークの出生率は1.71。米国平均の1.84は下回りますが、大都会としては高めの出生率です。

激しい競争を勝ち抜きつつ、しっかり子どもも育てるために、「ニューヨーカーパパ」はどんな生活を送っているのかについて、産経新聞ニューヨーク駐在編集員の松浦肇さんにレポートしてもらいました。
皆さん是非上海に来てください。
生活コストはかなり下がります。
空気はあまり良くないですが(笑)
パソナが試算している物価指数が届きますが、ロサンゼルスは東京の180%でした。これは体感的にもいい線いっていると思います。
どの国も一緒なのかと少し安心しました。
いや、むしろ NYの生活費教育費が高さに驚きました。貯蓄なんて無理そう。老後はどうやって暮らしていくのだろう?などと更に疑問が湧いてきました。
夫婦の家事・子育ての分担は、ニューヨーカーに限らず、共働き家庭には必須だと感じます。男性・女性にかかわらず、2人で仕事・育児・家事のトータルのタスクをどのようにこなすのかを考えるだけ。こなせないなら、お給料と天秤にかけて、どこまでアウトソーシングできるのかを考えるまでです。
子供との時間はかけがえのないものだから、それにも耐えられます。
フランスでも男性が家事を手伝うのは当たり前のようになっている。「女性の社会進出、男性の家庭進出」は日本も見習うべき。
この連載について
長きに渡って語られてきた少子化の問題。しかし、印象論が先行し、少子化を解消するための深いソリューションと行動が足りない。少子化とどう戦えばいいのか? 各分野のトップランナーの提言と海外事例を通して、「少子化との戦い方」を探る。