新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この分野はとても有望かもしれません。

何と言っても、大学医学部には睡眠を専門に扱う学科がないので、医療ではカバーできていないニッチな分野なのです。

ニッチとはいえ潜在的需要はものすごく高いはず。
睡眠に拘るのは多忙な高収入ビジネスパーソン等が多いので、品質が良ければある程度高くても売れるでしょう。
ここでもまた名前が出てくるピーター・ティール。政治からテクノロジーまで、怪物のような存在感です。
睡眠は、人生の中でも特に多くの構成を占める部分。

8時間睡眠が良いとはわかるけど、個人によって、どのような8時間睡眠が良いのか?課題を解決することができたら、それはすごく画期的だと思う。

私もMisFitをつけているが、確かに、Right sleepが非常に多いのがわかるが、どのように個人にあった改善策を見つけるのが良いのかわからない。

きっとビジネスチャンスがある。自分がやろうかな。。。
子どもの寝かしつけとか、トントン肩を叩いたりします。触覚と眠りの関係はとても興味があるんですよねぇ。
ただ、以前やろうとしたことがありますが、眠りの客観評価はものすごく難しいです。条件を揃えるのもとても難しいので。
睡眠障害は、生産性の低下、交通事故、生活習慣病の誘発など、様々な社会課題につながる。
最近ですと、睡眠専門のクリニックや病院などが出てきていますね。

(例)
http://www.kaisei-hp.co.jp/sleep/

新しい分野なだけに、クリニックがテクノロジー活用して診断をする流れになると良いなと感じます。
睡眠市場は6兆円規模とも言われます。スタートアップによる研究も様々です。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/347
PCでどうしてもシャットダウンができない時の最終手段は「強制シャットダウン」ですが、睡眠における内服薬がそれにあたります。

全ての薬がそうであるようにメリットがデメリットを上回った際に使いますので、どうしても使った方がいい場合に意地を張って使用しないのはおすすめできません。

しかし最も良いのは薬によらない睡眠リズムを確保すること。まずは自分の睡眠パターンを把握することがその一歩ですが、この分野ははじまったばかり。

私自身毎日不眠に悩む人にお会いしていますので、おすすめしてみようと思います。後、アプリの発達を待たずに現在内服に頼らない睡眠外来を設けているクリニックもでてきているので利用してみるのも一案です。
日本でもこの分野に取り組むスタートアップがあったな。日本でもアプリが治療手段の一つとして処方されるようになるのももうすぐ。
少し前にXiaomiが同ブランド名で枕を出していて、ついにセンサー仕込みのIoT枕が製品化されたのねと思い詳細を見たら、良いチップを使ったただ寝やすそうな枕でした。

さて、不眠はいくつかタイプがあるけど、いわゆる入眠(眠りにつくこと)に問題があるタイプなら以下を試してみてください。

・お風呂に入った後30分から1時間以内に横になる
・横になる前にお湯/白湯を飲む
・枕を変えてみる
・寝る前にリラックス系のアロマを炊く
・寝れなくてもイライラしない
・寝れなくてもスマホをいじらない

それでもダメなら、私の場合は
・カーテンを開けて真っ暗にして寝る
※朝日を浴びて体内時計リセット効果
・寝る際に会話のラジオを聞く
※授業中眠くなる効果
も試していました。

ぜひお試しを!
睡眠を改善するとか、そもそもの生活習慣を改善するのは、IoTの時代になったからこそできると思う。だからこそスタートアップが重要ですね!
野村不動産ホールディングス株式会社(のむらふどうさんホールディングス)は、傘下に野村不動産株式会社などを持つ持株会社。野村ホールディングス系、野村土地建物株式会社の関連会社。 ウィキペディア
時価総額
4,035 億円

業績