新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

131Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外のビジネススクールを完全に「転職予備校」と割り切って捉えると、MBA留学というのは絶好のキャリアロンダリングの機会です。
たまに大企業にお勤めで、「将来、起業することも視野に入れてビジネススクールに行きたい」とおっしゃる方にお会いすることがあります(私もその口でした)。であれば、ビジネススクールを経ずともそのままやってしまえば良いのかなと。
どれだけ小さい会社であったとしても、自分で経営に携わることで座学以上に得られることが多々ありますし、たとえ事業が失敗したとしても、そのネタをエッセイに書いて出願すれば、大企業からストレートで行くよりも、よほど魅力的なレジュメになると思います。そう思って、私はビジネススクール留学をやめてスタートアップに戻りました。
リスクを取るにあたっては、なるべく退路を残すというのが私の信条ですが、「どうしようもなくなったらビジネススクールに行こう」と思うのは、気持ちの安定剤としては非常に有効でしたよ。
せっかくのキャリアロンダリングの機会なのですから、ピカピカの経歴のままで行くのはちょっともったいないかなという気がします。

もっとも、20代後半や30代前半のキャンパスライフって単純に楽しそうですし、スタンフォードGSBの学生を横目で見ていていいな〜とは思うんですけどね。羨ましい。
海外の一流大学のMBAを修了する意義は、やはり、(特に日本人には)非常に過酷な毎日の努力なしに卒業できない厳しさと、世界から集まる目の輝いた学生たちとの接触であり、その刺激が、ぬるま湯に浸かっていた我々の目を覚ましてくれることでしょう。もちろん日本でその環境を作れれば一番いいし、僕も東京でそれをやろうということで「国際金融市場・東京」構想の一環としてそういう教育の場を東京に提供しようと努力していますが、なかなか困難なことです。

なお、社費留学の場合は、直後に辞めるなら生活費はともかく学費は返還すべきでしょうし(確か玉塚さんはそうされたはずですが、そうでない人も少数ながらいます)、そうでないなら、少なくとも会社に恩返しできるまでは、会社で頑張るべきだと僕は思っています。
もはやビジネススクールに通ってMBAを「資格」として取るだけで価値がある時代ではない、というのが正直な自論。これは日本人だけでなく、アメリカ人も含めて、だと考えています。

確かに昔はMBA自体が資格としても、学んだ内容としても価値があったでしょうけど、今はMBAホルダーも増え、加えてMBAプログラムでやるような内容を企業研修などで受けられる機会が増えてきました。また、有名な教科書やビジネス書、ケーススタディーも多くは日本語に翻訳されているため、独学で学ぶことが出来ます。

ただ、無駄かもしれないけど、敢えて挑戦したという事実と、そこに入って卒業までこぎつけた努力、そしてそこで出会った仲間は、外野の「MBAは不要だー」の声をもろともしないものだと思いますね。
まだ、わからないのかもしれませんが、現時点での新潟のビジネススクールで行ってみて良かったこと。

①博士課程に行くための修士号を取得できたこと。
②素晴らしい師匠に出会えたこと。
③新潟の有力企業で今後幹部となっていく人たちと仲間になれたこと。今後のそういう企業にアメフトで貢献できることがあればお互いにWin-Winになれる。
④ベトナム人、韓国人、インド人、中国人の知人が出来たこと。
⑤首席を経験したこと。

まあ私は企業派遣組なので自費ではありませんが・・・
チャレンジする気持ちが一番大切、という遠藤さんの発言はその通りで、もしビジネススクールの雰囲気がそうした挑戦を後押しするのであれば、2年間を投資する意味はあるのではないかと思いました。人間が変わるためには、まずは環境を変えなければならない、と言うことですし。
「体系的な知識」は確かに学べますが、高度なことを学んでもその後実務で使わなければすぐに忘れてしまうのが悲しいながら実態かなと思います。私もKelloggでは座学・ケーススタディ、定量・定性含む数々のマーケティングの授業を受講しましたが、McKで約半年間エキスパートと一緒に取り組んだビッグデータアナリティクスのプロジェクトでの学びとは雲泥の差でしたし…。

海外MBAは、朝倉さんの仰る通り「転職予備校」と捉えるのが一番実態に近いですし、日本人以外の学生の95%はその前提だったかと思います(残りは社費生が一部いる韓国・タイ人ぐらい)。
MBA=経営者でないとダメとは全く思いません。MBAに行くことそのものに各個人が明確な目標を持っていればそれて良いわけです。

遠藤さんが言う通り「ビジネススクールで最も学ばないといけないことは、今話されたような気概を身につけることかもしれないですね。」

そう。だからMBA行く価値ありますよ。
個人的には、
① 意思決定の訓練を経て視座があがり、
② 結果、チャレンジにつながっていく
ものと考えます。そのため、①が貴重と感じます。詳しくは↓こちらのブログを読んでいただくのが一番良いと思います。

MBAとはどういう教育なのか
http://yokichi.com/2013/04/what-is-mba.html

ただ、取得費用(お金と時間)の投資を取り返そうとする発想、理論を学んだことで行動よりも思考が優先するようになること、が、時にチャレンジを阻んでしまうことがあるように感じます。

その発想、思考に縛られすぎず、直感で行動すること、が必要、と感じます。
職業柄、もうひとつ学位とったりしたい、腰を据えて勉強したいと思うことはある…。
数字として知っておいた方が良さそうなことは、20年前くらいはアメリカのビジネススクールのトップ校はその5%くらいが日本人だったりしました。今は1%くらいだと思います。一方で中国やインド人がそれぞれ5%くらいいます。これは色々な要因がありますが経済のプレゼンスを表しているといっても過言ではないと思います。ちなみに今の20代、30代の各世代が一つの学年で150万人くらいと仮定すると欧米トップスクールに留学しているのは約200名で0.01%程度。日本の経済規模(世界第3位のGDP)を考えたらグローバルでプロフェッショナル経営者予備軍の提供量として全然足りないと思います。個人のキャリアの選択としては色々な判断があって良いと思いますが、マクロではもっとどんどん受験しようという環境になるべき。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。