新着Pick
634Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「学研の科学」の付録は手作り感があって良かったですね。最近の科学おもちゃは充実していますが、無駄にハイテク過ぎたり完成され過ぎていて、正直面白いと思えるものは逆に少なくなったように思います。

学研の科学の付録で最も思い出深いのが、羽根車を走って回してLEDを点灯させるもので、子供が走る速さではなかなかLEDを点灯させる電力が得られないことを、羽根車とシャフトの間にゴムを噛ませて、ゴムに一度エネルギーを蓄えた上で断続的に光らせるというものです。なんの実用性も華やかさもないですが、工夫に満ちた素晴らしい作品だなと思ったことがあります。

将来的には、Amazonで超小型衛星を購入して飛ばす、みたいな事も出来るようになる気がします。
私が小学校低学年くらいだった頃、「科学」「学習」という月刊誌があって毎月書店が届けてくれました。

「科学」についていた「科学おもちゃ」が大好きでした。

当時とはまったくレベルは違うでしょうが、子供にとっては嬉しいプレゼントだと思います。

私自身役に立ったかと問われれば、プラモデルと同レベルでした(笑)
まあ、手先が器用になったということで…。
大人になって、ふと親が買ってくれたおもちゃを思い出した時、それが「親が選んでくれたモノ」ではないのは、寂しいな…。
いいなあ、子供に戻りたい。

大場さんが書かれていますが、「学研の科学」は良かった。小学校時に購読していて、翌日学校に持っていっては、男子に組み立ててもらっていました←自分でやらなかったから結局文系になってしまった

余談。
3年前にベトナムのクチトンネルを訪れ、細い細いトンネルを這って動いた時に、あれこれデジャブだわーと思ったんですね。「学研の科学」の付録だったアリが巣を作る標本と同じだということに気がついたのは、半分くらい這ってからでした。
日本でもリケジョという言葉が生まれたり、ノーベル賞の受賞や宇宙産業の発達、プログラミングなど理系の話題が多いですが、アマゾンだと人気が出るのでしょうか。昨日は月額会員制のラーメン屋さんも話題になりましたが、企業としては定期購入や月額会員制でお客さまを囲い込めるのは有効ですね。

科学のおもちゃ。米国で人気が出るのか楽しみですね。
ものぐさな大人には定期サービスはありがたい存在。対象年齢大人も加えてもらえたら数ヶ月試すかも。

遊び心くすぐられるものが届くなら継続しま
す(* ̄∇ ̄)ノ。
(記事はややディスり気味ですが)

ビジネスやると必ず安定定期による座布団、欲しくなりますね。あくなきAmazon。
これはウケそう
学研の「科学と学習」を思い出します。小学生の頃、親に買ってもらって遊んでました。

この記事をみて「科学と学習」って今どうなってるのだろうと思って調べてみたら、よっぴーさんの記事が出てきました!(笑)


-「科学と学習」の付録を学研本社で見せてもらったら、懐かしすぎて泣きそうになった
https://persol-tech-s.co.jp/i-engineer/interesting/kagaku-to-gakushu
学研の科学と学習のおかげで
私は今ここにある気がする。

アマゾンも収益だけでは無い事を
心から望む。
これ,国内でも始まったら,登録してしまうかもしれない.でも隔月くらいでもいいかなぁ.
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績

新着記事一覧
放射線レベルの高さより、人間がいない場所を好んだ動物たち。福島の避難指示区域で闊歩してました
ギズモード・ジャパン
4Picks

Superflyが語る「自分らしくいること」で培った新たな視点
Rolling Stone Japan
3Picks

「日本は稼げない国」、優秀な人材はやってこない 外国人に見捨てられる日本の現実⑤ - 出井康博 (ジャーナリスト) - WEDGE Infinity
BLOGOS - 最新記事
3Picks

新築ワンルームマンションは「買ってはいけない」 - 内藤忍
BLOGOS - 最新記事
3Picks

アマンダ・サイフリッドが語る女性としての生き方や憧れの人、美の価値観、子育てまで
WWD JAPAN.com
5Picks

クレイトン・クリステンセンさんが死去。「イノベーションのジレンマ」で知られる経営学者
ハフポスト日本版
100Picks

アソビズム、『城とドラゴン』で「リーグ」&「みんなで到達ミッション」を26日より開催! ドラゴンメダル最大50枚ゲット
Social Game Info
2Picks

この国で「長時間労働」がまかり通る本当の理由 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

日本の育休が「制度は最高、取得は最低」なワケ - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

この国で「長時間労働」がまかり通る本当の理由 - 企業には痛くもかゆくもない軽罰則
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks