新着Pick
362Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事では精算時の時間節約などお客さま向けのいろいろな利便性が語られています。しかしわたしは断言しますがこれは顧客目線というよりは店舗側の事情によるものです。

店舗側のメリットとして、

・現金差の解消(レジ締め時の現金過不足の解消)
・自社グループのクレジットカードやポイントカードの利用率向上と顧客の囲い込み
・人手不足によるシフト組み
・人件費の節約

店舗が導入するにあたってはセルフレジの設備投資コストと上記のコスト要素とのバランスを見る必要があります。セルフレジ1台の設備投資額は約300万円。POSレジの法定償却年数は5年ですから一か月あたりの償却費用は約5万円となります。これ以外に現金差や採用コストや教育コスト。そして忘れてはならないのがクレジットカード手数料。つまりこれらのコストとの見合いで5万円強のコスト削減効果があれば導入しやすいということになりますね。

飲食店であれば業態にもよりますが人件費率はほぼ30%がスタンダード。月商が1,000万円の飲食店であれば人件費率は30%で300万円。このうちレジ作業に割かれている労働力や現金差や採用コストや教育コストおよびクレジットカード利用手数料の合計額が月間合計で5万円以上でありかつ自社クレジットカードやポイントカード類による顧客囲い込みというプラス効果があれば飲食店が導入する契機にはなるでしょう。

とはいえこの施策は冒頭に書いたように顧客目線というよりは店舗目線=サプライーヤーズロジックつまり供給者論理なんですよね。なので問題点としては、

・顧客サービスの低下につながってしまう懸念
・セキュリティ面での不安
・高齢者は機械操作に対する心理的な抵抗感をもつ懸念
・割り勘への対応などの操作負担感

があるように思います。これは大きい。つまり店舗側のメリットよりもお客さま側のメリットが少ないという供給者論理なんです。お客さまの好き嫌いが分かれそうですがお客さまがそれを許容してくれるような飲食業態なら商機はありそうです。

少なくともうちのお店ではレジにおけるお客さまとのFTFでのコミュニケーションを含めた「入店から退店までのお客さまの店舗体験」を大事にしたいので導入することはありません。
セルフレジの短縮効果はー30秒程度だとあるので、テイクアウト型であれば30秒/2分滞在→25%削減になりますが、
フルサービス型では30秒/30分~1時間なので回転率は上がらないですよね。
レジ待ちは客のストレスであることは間違いないので、数字としての導入効果が出なくても導入を進めるかどうかが気になります。
レジを店員が対応することは防犯対策にもなっています。レジの出口付近のセキュリティカメラは需要が高まるのでは。もしくはクレジットカードや電子マネーなどの情報を入店時から連携させることも必要でしょう。
スーパーで導入が進んでいたセルフレジ。飲食店で試験導入の動きが出始めましたね。
①メニューの電子化
②セルフレジ
③ユーザーデータをもとにしたパーソナライゼーション

この3つがレストランのデジタル化のポイントだと考えています。
ここにロボットによる接客という要素も入ってくる感じかな。

サイゼリアのような徹底的に科学・効率化されたサービス運営がされている飲食店では、テクノロジー導入が早そう。

個人的には、会計時に無愛想で適当な接客されるのであれば、セルフレジの方が満足度は上がりそうな感覚です。
飲食でもセルフレジの導入へ。これも人手不足対応の省人化の一つですね。この手の業態は益々顧客接点が減るので、逆に中価格の業態は他業務を省人化し、接客頻度を増やそうとしています。
昼は回転が早いので、処理時間がもたついたり、変動があるとレジに滞留もでるため、人一人を貼り付けるに近い状況になり、また顧客ストレスも貯まる。
スカイラウンジグループというと郊外店ファミレスの印象が強いが、昨今は都心小型店が増えているので、おのずと回転も早くなり、松屋すき家立ち食いそばラーメン屋のように券売機的な何かを導入するというのもわからなくもない。
小売業の売上高人件費率は、およそ1割。セルフレジは、人手不足や高騰する人件費の改善に役立つのはもちろん、待ち時間の解消や、売上全体のアップにも繋がります。

一昨年、レンタルのゲオが行なった実験では、利便性向上によりレンタル売上が2.3%増え、さらに物販売上も4.2%増加した、とのこと。
人口減少の日本、今後、導入コストがさらに下がれば、一気に普及が進みそうですね。
素直な疑問なのですが、これ、食券機じゃだめなのですか?

もしくは、各テーブル端末で注文できる鮨店みたいな感じで、テーブルで注文から決済まで完遂できるようにする、とか。
こちら、ファミレスとしては初のセルフレジ導入。
ーー
「ガスト」や「ジョナサン」、中華「バーミヤン」の3店でまず実験
ブラジルではレジ専用係りが出口付近にいて、その2メートル先で支払完了した伝票を出口で待つごっつい警備員に渡さないと外に出れません。そうです、食い逃げ防止。

ブラジルきたてのころレジで伝票もらわずに外に出ようとしたら警備員にドつかれそうになってビビりました。

日本は安全でいいなあ。。。

業績