新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
UnityやUnreal登場以前はゲームソフトも各社独自のライブラリや開発環境があったが大きく変わった。まさにその様な時代になりつつある。オープンイノベーションはインターネット発展の原動力。それがIoT革命でリアルな場所にも進出してきた。オープンイノベーションにしないとスピードで負けてしまうからね。あー、ロケットもオープンにしたいけど、北朝鮮問題があるからなあ
グーグルが「Android OS」を生み出したことで、スマートフォンの市場は、大きく広がりました。そしてハードウェアを製造するサムスンやHTC、ソニー、ファーウェイといった企業の上に君臨しました。

それが日本のお家芸であった、ロボットでも起きるという衝撃。

そして今後は、人件費が急騰している中国で、どこまでロボットが進化するのかというところも、非常に興味深いところです。iPhoneが100%自動製造できなくても、その生産工程のほんのすこしが変わるだけで、これだけの「テクノロジー失業」が出るのですから....。
「ダークファクトリー」、なんとも不気味な響きがありますが、これがロボット化がたどりつく未来ということですね。でも、MUJINの技術による産業用ロボットのソフトウエアの標準化が更に進めば、「OS」がファナックとMUJINに集約され、関連産業の合従連衡も進めやすくなりますので、製造工程のロボット化・無人化が加速するかもしれませんね。
6万人の労働者が、ロボットによって「リストラ」に遭ったーー。

オペレーショナルな作業を担当する労働者は、かなり早いタイミングでリプレイスされていくことが予想される。これは工場でなくとも同じ。テクノロジーの進化の中で生き残り続ける労働者としての付加価値は何かということを、あらゆる立場の人が考える必要がありますね。
大変面白かったです。ハイライトはロボットメーカー各社で異なる規格で囲い込みをしていた状態から、シンプルながら普遍性のある特定の機能(モノを認識してつかむ)で突き抜けることによって、顧客要望で各社と繋がり、次代のプラットフォームになる可能性を持ち始めたということ
ただ、本当にプラットフォームになっていくのにこの機能だけで行けるのかは微妙だし、ロボット各社としてはプラットフォーム価値を取られるのは抵抗があるところをどう進めていくのか。今はVCが株主のようですが、例えばロボット各社からの出資を募るなどするというのも一つの方向性なんでしょうか
20年前の私はWindowsとの互換性を拒否しているAppleはいずれマニア向けのPCとして存在するものと思っていました。

それがそうはなっていないのですから『開かないこと』にも時と場合によっては一定の価値があるのかもしれません。

そこで気になるのはMUJINの互換性を拒否したとされるFANUCの出方。秘密主義で知られるこの企業が今何を考えているのかが気になります。

あの全部黄色の工場を見ると『強烈さ』ではAppleにも負けていない気がしますがさて?
前半に出て来るホンハイのリストラ
"6万人の労働者が、ロボットによって「リストラ」に遭ったーー。"
当然短期的には失業率を下げます。しかし、長期で見たらホンハイの業績は良くなるでしょう。ここをどのようにソフトランディングさせるかが鍵ですね。
労働力調査(基本集計) 平成28年(2016年)11月分によると、日本の製造業就業者数は1032万人。日本の就業者数は6452万人なので、約6分の1です。

製造業で無人工場の導入が2025年までに進むと仮定すると、それまでに製造業で働く人のスキルセットを再定義し、学習環境を作り直す必要がありそうですね。
今までの高専、専門大学、職業訓練は、無人工場では適応できないので、プログラミングやデータ解析を中心にカリキュラムを組めると良いと思います。
この話は、ここで書かれていない事の方が
沢山ある。

ロボットは要素技術でしかない。
これを喜んでいる様では、再び日本はスマイルカーブ
から外れる。
日本生まれのベンチャー企業「MUJIN(むじん)」
http://mujin.co.jp/files/irex_box.pdf
http://mujin.co.jp/files/mujinTeachWorker.pdf
この連載について
世界で最も少子高齢化が進むニッポンにおいて、ロボットたちは、人の仕事を奪う「敵」ではない。あらゆる産業分野が直面している深刻な人手不足は、一方で、最先端の「無人化」のテクノロジーをふんだんに注ぐための、大いなるチャンスだ。進化するロボットを引っさげて、日本経済を「無人化」によって救おうとする人々を、NewsPicks編集部がレポートする。

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
113 兆円

業績