新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1488Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやあ、これは面白い。もっと平面的なまとめもあっただろうに、ボコボコにやられてる様を恥をさらすことになっても臨場感とともに記事にした上田さんあっぱれ。多分誰もがその場に立ったら同じように質問攻められるんだろうな、と想像ができます。
何となく言葉で分かった気になって、思考が突き詰められてないことが本当に多いし、コンサルタントがクライアントに比較優位を持てるのはまさにこういう「考える」ことで、裏返せば「考えること」をせずに日々過ごしている人のなんと多いことか、と感じます。「何故そうなのか」「本当にそうなのか」「それはどういう意味があるのか」と本当に頭をひねった累積回数が重要なんだと思います
これは取材した方Good Jobだと思う
自分が石川さんに問い詰められてるような臨場感w
最高に面白い!!
「アウトプットやミッションを、一年は考え続ける」と石川さんが話されていて、激しく同意です。例えば私は復興について6年取り組んできました。最初の一年は誰からも注目されていませんでしたから、「復興とは何か」「なぜ復興に取り組む必要があるのか」を考える時間が長かったように思います。誰も取り組んでいないことを始めた人は、必然的にこうした哲学的な問いをもつ時間が長い。だからイノベーターになるわけです。
AIやIoTのようなテーマを始めようとしても、既存の考えが出回っているから自分で考えるようにならない。NewsPicksでは特集されていないような、誰からも注目されていないトピックをもたないと、イノベーターにはならないのでしょうね。
これは面白い内容ですね〜。
取材している上田さんが、逆に取材されているような(笑)

でも、こうやってトコトン質問をされることが「発想力」を磨く上で重要なのでしょうね。
一種のソクラテス方式。

「発想力」を高めるためには大量のインプットが不可欠です。
例えば「いい記事とは?」と訊ねられた時に、「〇〇さんが☓☓について書いた記事」のようなものと答えられればとりあえずOK。

経済云々と問われれば、「経済活動が△のレベルまで伸びていると仮定して」と入れれば納得してもらえるかも。

臨場感溢れる記事を書かれた上田さんに拍手したいです\(^o^)/
善樹の質問魔なところ、僕と似てる。責めているわけじゃないけど、相手が責められていると思ってしまうんだよなぁ。
石川さんと直接ディスカッションして、質問攻めされたくなりました(笑)。石川善樹さんと濱口秀司さんによる「最強イノベーター対談」が読みたいです。
記者さんタジタジですね。ですが、自分のメディアや会社のミッションはもうちょっとスラスラ答えてほしいでしょう。ここは経営者や編集長が繰り返し説く必要がありますよ。
やはり基本が大事。みんなが大事だ、ということはほとんどが事実なんです。
面白い。もう1つ、自分で考え抜いて新しいことを生み出すためには、その人が自分自身のことを信じていること、そして自分を本質的に肯定できていることが大切。
面白い!まだまだ考える時間が足りてないなーと実感。
あはは。彼らしいインタビューでウケる。

でも、本質として「聞く前に自分の考え方を形作ったか?」ということは何にでもあります。
マーケティングも極言すれば教えられるものではない。1つの考え方や一般的なセオリーを伝えることはできるけれど、実際に実務の現場に立ったときにいいアイディアを思いつけるかどうかはその人次第ですんで。
この連載について
時代の大きな変わり目で企業はイノベーションを求められている。従来の延長線上にないイノベーティブなアイデアはどのようにして生まれるのか。各界で活躍するイノベーターから思考のプロセスと発想法を学ぶ。