新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

254Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあこれが株式上場するということ。こういう事が起きるのは仕方ない。純資産価値よりも低い株価でMBOしようとしたら必ず鞘取りをしようとするファンドなどが出てくるのはある意味市場としては健全である。それだけ上場するってことは怖いことなのだ。それはかなり自由に資金調達をできることの裏返しでもある。
壮絶ですが、ホリエモン氏がコメントしている通り、株式市場的にはある意味健全な動き
今回の連載は、何を書いても「すごい」としか書けないのでコメントしてなかったのですが、毎日食い入るように読んでいて、見城さんの凄みは日々感じているので、生きざまや哲学は一方で理解しますが、、
謎の外資ファンドと証券会社との、文字通り命を賭けた戦い。それをたった一人で決断し実行する。つまるところ経営者とは胆力なのだ、と改めて思う。
サラリーマンと創業経営者の違いをまざまざと感じます。サラリーマンは会社の金、創業経営者は自分の人生をオールインした金。
世の中のアービトラージの機会を探して収益を上げるのが金融業界の鉄則ですし、市場の効率性が担保されている証拠でもあります。

確かに自分が見城さんの立場だったらハラハラしますが、このファンドは見城さんに何の個人的恨みもないと思いますし、ある意味、見城さんはプロの洗礼を浴びただけだと思います。

ただ、プロでもラッキーパンチが当たって倒れる事はあるので、大逆転が予想される次回が楽しみです。
壮絶なストーリー。堀江さんのコメントと合わせて読むと勉強になります。
真山仁のハゲタカファンド鷲津が登場しそうなストーリー。見城さんには人生の休憩が与えられる星には住んでいない、常に試練の波。

途轍もない大波を乗り越えてきた見城さんの迫力は、スマホの画面を通じても何か風圧を感じるくらい。実際お会いしたら何倍、何十倍にもなりそうです。
今でもこのファンドの事は謎の存在。信用で買って議決権行使できないってそんな初歩的なミスをなんでしたんだろう。
何歳になっても波乱万丈。
こんな人生を送ってみたい。その為に日々努力しようと思う。
まるで自分の事のようにハラハラする
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績