新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ数年ずっと人件費や原材料費の高騰で「大変だ(→値上げもやむを得ない)」といわれてきた気がするので、バブル以来の好収益とはうまく「乗せられた感」がありますが、なんといっても案件を選べる状態が大きいのでしょう。
堅調なオフィス需要、ピークを過ぎたとはいえまだ残る復興需要、盛り上がるホテル計画、今後増加するインフラやオフィスなどの更新需要。プラスとなる要素が並んでいますが、やはり2020年以降には需要減に向かうように思います。好調だからこそ次の時代を見越して投資すべき時期であり、実際に海外事業なども各社取り組んでいるようですが、成果は今ひとつという様子。
外野から恐縮ではありますが、まさにお手並み拝見。
2020年以降は国としての資産活用も課題ですが、設備更新についてはスマートメンテナンスという言葉も定着してきました。消費者間ではマッチングサービス需要もより高まっていくのではないでしょうか。
やっぱり2020年以降ですね。インフラ更新はそもそも財源が圧倒的に不足している中で、どう更新していくのか。結果、それがゼネコンの経営にどう響くか。
大成建設株式会社(たいせいけんせつ、英語: TAISEI CORPORATION)は、日本の大手総合建設会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,106 億円

業績

清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、東京都中央区京橋に本社を置く、大手総合建設会社(ゼネコン)。 ウィキペディア
時価総額
6,206 億円

業績

鹿島建設株式会社(かじまけんせつ)は、日本の大手総合建設会社である。対外的には鹿島と称する。 ウィキペディア
時価総額
7,703 億円

業績