新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ数年ずっと人件費や原材料費の高騰で「大変だ(→値上げもやむを得ない)」といわれてきた気がするので、バブル以来の好収益とはうまく「乗せられた感」がありますが、なんといっても案件を選べる状態が大きいのでしょう。
堅調なオフィス需要、ピークを過ぎたとはいえまだ残る復興需要、盛り上がるホテル計画、今後増加するインフラやオフィスなどの更新需要。プラスとなる要素が並んでいますが、やはり2020年以降には需要減に向かうように思います。好調だからこそ次の時代を見越して投資すべき時期であり、実際に海外事業なども各社取り組んでいるようですが、成果は今ひとつという様子。
外野から恐縮ではありますが、まさにお手並み拝見。
建設業界の記事作成ありがとうございます!業界を俯瞰できる良記事です。

+αで個人的な備忘録を以下に。

① 今年の高利益について
特に鹿島建設が顕著ですが、営業利益が+780%(連結)という驚異的な伸び。これは、一つは震災前の安請負案件が完了したこと(震災後の資材・人件費高騰により赤字となっていた)。もう一つは、記事にあるように高い工事単価での受注が増えたこと。なので、受注総額は各社ほぼ横ばいながら、純利益が各社+100%程度に急上昇しています。

②その他注目ゼネコン(長谷工コーポレーション)
スーゼネ5社以外の注目ゼネコンは長谷工です。事業の多角化が求められる中、ほぼ住宅一本足打法のゼネコンですが、純利益:約510億円はもはやスーゼネです。ROEでも突出しており23%(昨年は27%)。

<参考、16年度純利益 / ROE>
鹿島(連結):約720億円 / 14.6%
清水(連結):約590億円 / 15.3%
大成(連結):約770億円 / 13.2%
大林(連結):約630億円 / 13.7%
竹中(連結):約440億円 / ―

土地を自ら探し、設計・施工内容を合わせて提案するスタイルが効率性向上に寄与しているようです。

③ 日本の i Construction
日本のゼネコンさんによってかなり進んでいる印象を持っています。
例)大成建設の床スラブ仕上げロボ Slav Finisher
http://www.taisei.co.jp/about_us/release/2016/1439209847031.html
例)大林組のドローンによる3Dデータ作成
http://ieiri-lab.jp/success/2015/09/trend-point-obayashi.html

④今後の見通し
現在の復興特需、都心再開発、地方の公共建築ラッシュは、特に復興や地方については過剰となっており、自治体の財政体力を度外視したランニングコストのかかる計画も散見されます。そうしたものは自治体→国が数十年税金で負担し続けます。計画の見直し含め、今後は縮小していくかと思いますので、海外進出 or/and 新規領域の開拓 or/and 市場全体での労働者減少、、、は避けがたい状況だと考えています。。
2020年以降は国としての資産活用も課題ですが、設備更新についてはスマートメンテナンスという言葉も定着してきました。消費者間ではマッチングサービス需要もより高まっていくのではないでしょうか。
やっぱり2020年以降ですね。インフラ更新はそもそも財源が圧倒的に不足している中で、どう更新していくのか。結果、それがゼネコンの経営にどう響くか。
大成建設株式会社(たいせいけんせつ、英語: TAISEI CORPORATION)は、日本の大手総合建設会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,286 億円

業績

清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、東京都中央区京橋に本社を置く、大手総合建設会社(ゼネコン)。 ウィキペディア
時価総額
6,805 億円

業績

鹿島建設株式会社(かじまけんせつ)は、日本の大手総合建設会社である。対外的には鹿島と称する。 ウィキペディア
時価総額
7,872 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン