中国「自媒体」、ライターの新一攫千金術(前編)

2017/2/14
ネットライフの最先端を行く中国で、いま「物書き」たちに新しいビジネスチャンスが広がっている。それが、最大のSNSサービス「微信(ウイチャット)」の「公式アカウント(公衆号)」などを利用した情報発信だ。一人ひとりがメディア化し、読者に対する影響力をマネタイズする仕組みで「自媒体(セルフメディア)」とも呼ばれている。
いままで中国社会のなかでどちらかといえばビジネス的には勝ち組に入れなかったライターやジャーナリストなどの「物書き」のなかには、この自媒体に参入する人たちが相次いでおり、収入を数倍、数十倍に増やす人も少なくない。
ネット上で私生活を動画などで伝えて多くのフォロワーを獲得する若い女性たち「網紅(ネット著名人)」ほどの派手さはないが、メディア不況が広がる中国のなかで、実力を持て余す書き手たちにはサバイバルと一攫千金を兼ねたチャンスが到来している。
筆者は、中国南部の広東省広州市で、この「自媒体」をスタートさせ、成功させている作家の女性に面会し、そのビジネスモデルを詳しく聞くことができた。
世界で最も進んだ中国のネットライフ
まず、最初に中国のネットライフについて説明しておきたい。