新着Pick
1603Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
以前ニュースになっていたのが実稼働を開始。既存のアマゾンの購入プロセスに組み込まれる手軽さはすごい。購入型のクラウドファンディングは黒船になりうる。
人気 Picker
これはスゴイ!!!

スタートアップ企業にとって、アマゾンのプラットフォームを使えるというのは夢のような出来事ではないでしょうか?

アマゾン経由で、様々な有望なスタートアップが成長してくれれば日本経済にとって大きなプラスになると思います。

少し覗いただけですが、「赤ちゃんの気持がわかる」デバイスがあるのですね〜。
昔、犬の気持がわかる「バウリンガル」というのが流行りましたが、これを使えば接触頻度が少ない父親の育児もスムーズになるかもしれません。

夢を感じる商品の数々。
じっくり見て回りたいと思います。
Amazon内に「クラウドファンディングストア」が。よくMakuakeなど利用して購入をしていますが、横断的に商品が探せるのがとても良いですね。
クラウドファンディングで商品化に成功したものがAmazonという巨大な集客のストアの支援を受けて拡販できる、すごくいい仕組み。
どんどんP2P(Peer to Peer)の世界に向かっていきますね。調達資金、商品、研究開発、デザイナー等の経営資源が「企業」から少しづつ(しかし着実に)解き放たれていくのでしょう。
これは便利になりますねー。
スタートアップに限らず、大企業がこれを使いこなしながら、顧客開発をするようになれば良い。
数年前にMAKUAKEさんと一緒に大企業のクラウドファンディングをやったが、社内の規制を乗り越えるのが大変だった。このサービスが全体のエコシステムの一部になるためには、社内からイノベーションを生み出す社内エコシステム作りが重要だ。
これは素晴らしい。クラウドファンディングはベンチャーだけでなく、先端的な商品開発の事実上の事前予告型販売の性格も持ってますからね。
ただ、これが流行るとそもそもクラウドファンディングのサイトいりますかね?
「なお、品質は一切保証しかねます」
けしていいことばかりではないでしょう
Amazonは品出しに当たってなにか審査はするのかな?
Alexaのようなプロダクトを出す一方で、アイデアを具現化するためのお手伝いもしてくれる。Amazon 版スター誕生だ!(若い人はわからないか。笑)

今までの企業と全くスケールが違いますね、Amazon。
スタートアップが世に放つ先進的な商品の売り手と買い手をつなぐ場だけでなく、配送部分もサポートできるのが、まさにAmazonのなせる技。こういった場を展開可能な企業が、日本国内にない、もしくは立ち上げてもビジネス的に立ち上がりにくいのは、ちょっと残念です。

MAMOMIのSensuiさんのコメントを以下引用。
"今日だけでも物凄い数が売れていまして、従業員5名程度の少数精鋭でやらせて頂いてる弊社では普通にやったら破綻するのですが、一番キツい物流はAmazonさんにおまかせで無問題。

お客様もプライムクオリティで手に入りwin-win-winですね!"

本当に少人数でも対応できるファクトがある。この場が賑わえば、プロダクト系のスタートアップに踏み切りやすくなるかもしれませんね。
凄い!
リアルlaunchPadだ
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
98.3 兆円

業績