新着Pick
356Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その通り。「ネット通販ビジネスの勝敗を決めるのは、物流網」
ただ、これだけがすべてではなく、物流網は足腰なので、上半身も鍛えないといけません。でも、足腰が弱い人は、すぐ負けます。

ヨドバシさんは、配送まで自前でやる会社です。
これは、家電量販という業態の強みの据付配送に早くから気付き、動いていたことに加え、
システムに関しては、他のチェーン店がやらないレベルの在庫管理の仕組みを入れたことに勝因があります。
最近MacBook Proをヨドバシドットコムで買った時、初めてヨドバシエクストリームを使いましたが、これは凄いサービスです。
何せ秋葉原本店の店頭にさえなかった商品が、その日のうちに届くのですから。
ECで買った商品が、生鮮食料品ならともかく、ハードウエアでその日のうちに届くサービスなど見た事がありません。

しかも再配達の時間も1日に何回もあり、私の場合はすれ違いになって3回目で受け取ったのですが、これも全部同じ日のうちのことです。

このロジスティックスの整備ぶりは並大抵のものでありません。
王者Amazonに対抗できるとしたら、間違いなくヨドバシだけと、確信しました。
ヨドバシの場合は、都内の配送拠点から顧客宅までのラストワンマイルを外部委託ではなく、自社の正社員(ドライバー)が担っています。
記事にあるようなヨドバシのきめ細かなサービス(到着時間の告知、こまめな再配達、わずか2.5時間での即日配送等)は、自社でリソース(ドライバーや配送車両)を抱えているからこそ可能なものです。
顧客基盤やプラットフォームを握ったうえで、汗をかく作業は外部委託したりシェアリングエコノミーと言う名の「斡旋」でこなそうとする巨大企業に対抗するには、ヨドバシの戦い方が一つの参考になるかもしれません。
私は物販の企業も経営しておりますが、実際に複数社を使って感じるのは、一貫してAmazonのビジネスモデルには矛盾がないと言うことです。彼らは顧客満足とテナントの売り上げ最大化が自社の利益につながるという当たり前のルールを徹底しており、その裏付けがデータであり、その他の戦術もそこへ通じる道であると見えます。ですので、無理矢理なセミナーを売りつけたり、効果のない広告を売りつけるなどと言う事もありえません。

これら物流センターも、そこに通じるための究極の最適化であり、おそらくまだまだAmazonがそこの先端を走り続けるでしょう。

ただし、ヨドバシのエクストリーム笑は、かなりニッチに需要があると思います。深夜受け取りも一部には大好評。
半年ほど前に、わざわざヨドバシカメラに買いに言っていたインデックスを注文したらすぐに届いたたのでビックリしました。
店頭販売が減りネット販売が増えていっていることを実感。今後はその競争が激しくなり、国も宅配ボックス設置に補助金を出すなどして配送の効率化を後押ししています。
でもAmazonは強く対抗できないでしょうね。
楽天が各店舗に配送を任せたのは、顧客不満足を生み出しました。
ひどい店だた「あす楽」の表示が出ているのに、注文した深夜になって「配送できません」という連絡がくる始末。
「急いでいるからあす楽にしたのに…」

ヨドバシは、私の住所だとアマゾンよりはるかに早く届くしポイントが溜まるのでとても満足しています。

当日配達を発表したユニクロも、多品目を扱うヨドバシ・ドット・コムを目指していると踏んでいるのですが…。
うちの近所に高速IC付近にもでっかい物流センターが建設中。

物流の世界では昔から言われてますが、結局は端末物流次第なんですよね。
いかに近代的な物流センターができても末端が機能しなければ顧客満足度下がります。
狭い日本では、2日から1日でというスピードよりも、厳格な指定時間配送や配達員の印象が大きく左右したりします。

クリスマスでもある物流業者が問題起こしてたり、明らかに人手が足りない状態。

ドローン?、自動運転配達?
端末物流のイノベーションが起こらないかなあ。
物流が今後のビジネスの要になる事には異論はありませんが、実務で様々な企業に接している立場としては、大多数の企業が依然として物流改革には着手できていないと感じます。

又、本記事にある物流施設の相次ぐ建設ラッシュですが、実際の需要は決して売上増加対応のような前向きてきなものばかりでなく、古い複数倉庫を閉じてコスト削減のために一つへ集約する傾向が多くあります。

もう一つ記事に対するコメントとして、アマゾンの小田原倉庫に関しては単に大きな部類に入るというよりは色々な観点で(雇用や物流生産性の観点等)
大きすぎます。実際にアマゾンも作ったのは良いけれど大きすぎたという結果ではないでしょうか。

とはいえアマゾンのようなグローバルカンパニーに差をつけられないよう、各日本企業がビジネスの拡大と共に将来を見据えた物流戦略を描き一層の投資を行う事を期待しています。
10年前、いや20年前か、ECのキモは物流で決まると思って本気で投資した人はいないし、まずできないですよね。さらにすごいのはインフラ自体はカネを産まないと思われていたが、なんとAWSというサーバのお化けモデルを作って売り始めました。ベンチャーはまだいいと思います。身軽だしAmazonやGoogleのいないところを狙えばいいですから。ECで言えば、楽天やYahoo!など狙われたところは大変です。
楽天はそりゃ出店者向けのサービス事業者なんだからこういう弱点はあるよね。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
165 兆円

業績

株式会社ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。 ウィキペディア

業績