新着Pick
465Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は航空工学を専門としていますが,この機体はTilt Wing タイプ(オスプレーはTilt Rotor)のゼネラル・アビエーション(パーソナルな航空機)というユニークな形態をしています.
有人のマルチコプタ(いわゆるドローン)は韓国,中国等で開発されています.気になるのは安全性です.故障やプロペラの破損に対する対策はどうなっているのかが気になります.
また,これは電動でしょうか?姿勢制御をプロペラの回転数制御で行うならば,エンジンではなく,応答が速い電動モータにしないといけませんが,当然,飛行時間が実用的ではありません.プロペラの付け根にモータがあるようにも見えません.小型の有人固定翼機であれば,エアバスも研究していますし,JAXAも研究しています.
http://www.aero.jaxa.jp/research/frontier/feather/
エンジン機であるならば,プロペラの回転数はほぼ一定にして,プロペラのピッチコントロールで推力制御をし,水平飛行時は固定翼機のように舵面で姿勢制御も行う(オスプレーのように)のでしょう.
いずれにしても技術情報が読み取れません.

エアバスの技術力なら何らかの試験飛行には成功するでしょう.ただ,これまで数多提案がされてきた「空飛ぶ自動車」と同じように,実用化,すなわち街中の低高度を飛びまわることは航空法上,不可能です.

【追記】 Airbusのイノベーション開発部門A3('A' Cubed)で,「Project Vahana」という計画を進めている.このプロジェクトの最終目標は,Airbusが 「CityAirbus」 と呼ぶ,安価な相乗り旅客機のサービス基盤を作ること.そこで開発されてるのが,この記事にある「空飛ぶ自動車」でした.
エアバスはVahanaという名称で、2020年に空飛ぶ自動運転タクシーの実用化を目指していますよね。2017年にプロトタイプの試験をする予定だった筈なので、この記事はそのことではないでしょうか。課題は山積しており、自動運転機能を持つ航空機の認可取得などは、かなり難しい課題となりそうに思います。自由に空を個々が飛び回ると、空での交通事故が発生し、墜落したら地上の人まで巻き添いになります。そこで、まずは自動運転機能で空を飛ぶバス、からスタートしたらどうでしょうか。運行経路が決まっていれば、日本の新幹線制御技術でコントロールできそうに思います。
昨年の発表時は疑心暗鬼のコメントが多かったと思いますが、本格的に飛ばすつもりですね。

エアバスが「空飛ぶ車」を開発、空のウーバーを目指す
https://newspicks.com/news/1882418
エアバスは、電動化、HV化にも熱心です。
電動飛行機(さしずめEAでしょうか)でもうちの会社と協力しています。
https://m.youtube.com/watch?v=fiu8TFnXYFY
スロバキアにはすでに空飛ぶ車を開発している企業はありますよ。個人的にはこちらの方が注目です。

http://www.aeromobil.com/

デモ動画ですが、すでに飛んでいます。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=128&v=0Yn2uyQJ1jc

Youtubeでメキシコ国境を移民が楽々と越えていくのではというコメントがされている事から、普及すれば本格的に国境がなくなるかもしれませんね。
面白いですね!スターウォーズの世界がどんどん現実に。
もうチョットいい絵をみたいなぁ
高速道路で渋滞に巻き込まれる度に「コンドル(混んどる)は飛んで行く」などジョークを言いながら空飛ぶ自動車を夢見たものである。その夢が実現しようとしている。エアバスの他ウーバーやGoogleのラリーページの出資するVCが名乗りを上げている。実は今年スロバキアのVC企業がエアロモービル3.0を数十万ユーロで発売予定である。日本企業もこの夢に乗り遅れてはならない。小型飛行機で先行するホンダと名古屋の三菱重工業とトヨタの組合せが有望だろう。日本の出番である。間宮海峡にトンネルなど笑止千万である。
コンセプトデザインにタイヤがないのはどうして?
地上は走れないの?
ネットが発達する未来に、そこまで速く移動する必要あるのかな。

業績