新着Pick
804Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事では全く触れられてませんが、結局既存店舗にFCのような形で展開できるフォーマットになるか、がすべてなのでは?
小売りは立地が8割。今から新店展開をして一大チェーンを作るのはあまり現実的ではない。仮にあるとしてもロードサイドの郊外店なきがします。
仮に既存店向けフォーマットを確立したとすると、弱小チェーンを囲いにいくのか、コンビニチェーンへの導入を目指すのか。ここでは、決済情報という「魂」を売り渡すか、の葛藤になりそうで、あるとすればソフトバンクがある意味「魂」を売り渡しても真っ先にiPhoneと組んだように2番手3番手がセブン巻き返しのためにやるかどうか
と、夢想はしてみますが、システムなど考えればあまり現実的ではない気がするので、大手チェーンが同様のシステムを開発すべく頑張っていく、ということなきがします
Amazonが米国企業というだけの理由で、過去の外資系小売の日本撤退になぞらえて「日本特殊論」を展開するのは危うい気がします。我々が目撃するのはもっとユニバーサルな事業革新ですし、Amazon Goは小商圏モデルなので過去の失敗例(カルフール等)よりも日本向きです。

弁当/惣菜や現金決済比率の高さが参入障壁になるという見方には同意できます。
とはいえ、弁当/惣菜の商品力については、既存企業とのコラボ(占部さんがおっしゃるFC方式含む)で対応可能ですし、日本の優秀な食品ベンダーも喜んで協業するかもしれません。

やはり鍵は決済だと思います。日本の現金決済比率は80%と高いのは確かですが、スマホ対応や各社の囲い込み戦略(amazonもその急先鋒)によって、20%のクレカ/電子マネー比率が今後下がることはないわけで、要は時間の問題です。
RFIDによる無人レジにしても、GUやNewDaysの無人レジはクレカ/電子マネー決済が前提ですので、直面する課題はAmazon Goと同じ。

「現金大国だから大丈夫」と言いつつも「RFIDを使った日本式の無人化で対抗できる」と説くのは、日本の経営者や役人には受けが良いかもしれませんが、やや矛盾した主張かと。あまり呑気に構えてる時間はないと思います。
ブロックチェーンでファイナリティにごちゃごちゃ言うのを散見するのと同様で、日本ではこのメリットでリスクをペイオフするという概念を否定しがちですので、こう言った先進的なチャレンジがいつも欧米企業に持って行かれるのが悔しいところです。

先日も某金融機関の方が、ATMへの指紋認証の導入検討で、上司に「数百万人に一人の誤認証が発生したら誰が責任取るんだ」と一蹴されたとのこと。既に既存のシステムでそれ以上の確率で詐欺や認証失敗が発生しているんですが。。。。

Amazonのこの仕組みもすぐにそのメリットがコストや万引きのリスクを上回るでしょう。日本には映像から万引きの傾向を見抜く技術まであるようですから、是非もっと前に出て頂きたいところです。
いやあ、RFIDよりAmazonGO方式の方がスマートだし導入がおそらく早いし、万引き防止もできる。AWSみたいなプラットフォームになりそう
個人的には「Amazon Go」のインパクトはすごかった。ローソンとパナソニックの取り組みは正直可能性を感じなかった。取り組みとしてはウォルマートの「スキャン&ゴー」が一番取り入れやすく、大型スーパーなどで普及してもらうと嬉しいかもしれない。
ICタグは何でこんなに普及に時間がかかっているのだろう?一時、ユニクロでも実験していたがどうなったのか?衣料だけでなくスーパーやコンビニが採用しないとコストダウン出来ないだろう。
こんなに凄いんだぞ、出来ちゃうもんね~、イェーイ(^^♪



新しいコンセプトやビジネスモデルは批判的に分析しないと、どうやって乗り越えるのかの課題だったり、そもそも乗り越えられるのか、乗り越えられないのかが見えてこない。ということは普及するかどうかも見えてこない。陶酔するのは誰でもできる。
「AWSのようにシステムを配って手配料モデル」
なるほど。
消費者としては、選ぶ理由は立地と売っている商品だと思います。
立地や商品に差がほとんどなくなれば、なす術はないでしょうね。
「流通業というのはドメスティックな産業である」とあるが、わずか10年くらいで、日本の本屋さんも日本のCD屋さんもあっという間にやられちゃったやん……。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
61.1 兆円

業績