新着Pick
617Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日より新連載「中国経済の心臓部・珠江デルタ」が始まります。この予告編は無料公開です。同時公開の第1回はフォトスライドです。

【スライド】現地写真とデータでみる珠江デルタ
https://newspicks.com/news/2001771

「珠江デルタ」は中国南部広東省の9都市、深圳や広州が代表都市で中国の成長センター。9都市のGDPは東京都を超えました。加えて香港とマカオの関係も抜きには語れません。

深圳はNewsPicksの人気連載となった「紅いシリコンバレー」(後藤記者企画)で読者の皆さんにも理解が広まったのではないでしょうか。今回の連載では、深圳は違った観点から描き出し、さらに、珠江デルタの主要都市の広州、香港、マカオを扱い、珠海市で行われた中国最大の航空産業展示「エアショーチャイナ」も取材しました。

中国は日本にとって「巨大な隣国」でありながら、政治関係の複雑さもあり、意外と客観的な情報が入ってきていません。珠江デルタという言葉も、日本ではあまり知られていませんが、中国経済を理解するには必須です。

本連載は、NewsPicks東アジア特約コレスポンデントの野嶋剛との共同企画です。日曜日まで連続掲載で本編計8回となります。是非、最後までお読み下さい。

追記:美的集団と東芝についての記述ですが、東芝の白物家電事業の「東芝ライフスタイル」であることを明記致しました。

追記:地図の都市の位置関係についてのご指摘ですが、修正した地図を掲載しました。掲載作業の過程での手違いがございました。ご指摘ありがとうございました。
1978年の広州交易会でした。私の初めての中国「大陸」経験でした。
香港から入りました。20世紀の都会から19世紀の大地に入り込んだ観がありましたね。珠江デルタです。
深センは寒村としか言いようがなく寂しい田舎。駅はさびたような鉄路で満足なプラットホームすらなく。通関に3時間。広州に向かう蒸気列車の一等車ではBGMにモーツアルトを流していたのが印象的。
広州駅はやたら広く、クラウンやセドリックのタクシーが蝟集していました。それらは日本の中古タクシーが香港に転売され、それから中国に入ってきたものです。シートは板敷のように硬かった。でも、「日本車」って丈夫だなあ、と奇妙に感心。
ホテルのエレベーターは滅多に床と同位置には止まらず、エレベーターボーイが蹴りこんでドアをしていたし、部屋の中には換気が悪く下水やトイレの臭いが混ざっていました。
珠江は黄色く濁り、黄埔軍官学校の横には小さな軍用ボートが停泊していた。ジャンクと手漕ぎ船が多数行き交うが、人々の衣服は粗末、というか着古しはげた飴色になった人民服ばかり。お化粧している女性は一人もいません。
それからわずか10年でこの地域は様変わり、さらに30年が経ちました。
今週木曜から1年ぶりの珠江訪問です。広東省の社会科学院との総合提携を詰めに行ってきます。
川端と共同で本連載を担当します。珠江デルタは改革開放以来、常に中国で最先端にあり、最も激しい変化を受け止め、時代の変化にあわせて進化を遂げてきました。それは中国経済の「心臓部」でもあり、同時に一つの国ほどの規模と自立性を有する「国家内の国家」のような場所でもあります。その全貌を理解することは容易ではありませんが、中国経済の核心である以上、斬り込んでいく価値は十分あると考え、さまざまな角度から珠江デルタの「今」を紹介していきます。
珠江デルタは、やはり、古くから、香港という、インフラが整った国際都市の近傍である東莞や深圳に工場が集結しているところから始まっているように思います。6-7%の成長を続けなければ債務問題が深刻化すると言われている中国で珠江デルタが果たす役割は大きい。逆に言えば香港は大事にした方がいいということでしょう。
私は人流の観点から逆のこと学会誌に投稿しました。日本の出国率の最下位の青森、秋田等の一人当たりのGDPデータをならべれば、日本の田舎は金持ちではないことが理解できます。結局インバウンド、インバウンドといって騒いでいるのは、目くらましで、周りが金持ちになって日本にも来るようになり、日本の田舎は海外旅行をできず、首都圏の四人に一人が海外旅行をしているだけなのです。
最近広州には全然行ってませんが、アフリカ系の人たちは最近このエリアから撤退・移動しているというニュースをよく見るので、実態を知りたいところです。
成長率7%と言う数字は、72の法則に照らし合わせると、10年続けるとGDPは倍になります。ここまでの規模になっても凄まじい成長を続ける中国。未来は珠江デルタにありますね
徹底した現地取材による特集です。ぜひ「紅いシリコンバレー」(https://newspicks.com/user/9420/)の特集とあわせてお読みください。
そうか、WeChatのテンセント発祥もこのエリアでしたね。

”2015年時点での9都市合計のGDPは9995億ドルに到達。これは東京都の7882億ドルを凌駕している”

楽しみな連載。期待しています。
NPのシンガポールオフ会で川端さんと対談して深センに早い内に行かなければという気持ちになった。タイミング合えばぜひ川端さんと訪れたい。
この連載について
いまや世界2位の規模となった中国経済を最前線で引っ張るのが、広東省の珠江下流域に広がる広大な「珠江デルタ」地域だ。すでに東京都のGDPを超える規模に成長した。勃興するIT首都の深圳、金融・貿易の香港、カジノのマカオ、モノ作りの広州、中国最大の航空ショーを行う珠海など、巨大都市群を包摂し「中国経済の心臓部」との呼び名がふさわしい珠江デルタの最新の姿を追う。
時価総額
1.97 兆円

業績