新着Pick
1291Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「会社って入ってみないとわからない」という。外から見ているのと中に入ったのとでは違うものです。思ったのと違うといってすぐに辞めていてはいつまで経っても成長しません。思ったのと違ったとしても、結構、得ることは多いものです。ただ、そこに染まることなく、前を向いて進む姿勢は失ってはいけないと思います。
「石の上にも三年」とはよく言いますが、「あなたが乗っているのは、そもそも本当に石(盤石)なのか?」という問いは意外と見過ごされがち。

最近はメガバンクや地銀のようなところですら、三年以内離職率が3割を超えているとかいないとか。

1〜2年もやれば、自分がどんな職場、どんな顧客、どんな仕事だと強みが発揮できる/できない(向き不向き)のか、エネルギーが湧く/湧かない(好き嫌い)のかが見えてくるので、今の職場がどうやら向いてもないし好きでもない、ということが分かったら三年を待たずに次に賭ける、というのはごく自然な営みな気がします。

就職を結婚に例える時代はもうおしまい。

新卒で就職して最初の三年はお試し期間。その後はじめる転職活動がある意味で「就活本番」と言えるのかもしれません。
学生から新社会人にになってしんどいと感じない人は殆どいないのではないかなと思います。最初から毎日楽しくて楽しくて仕方がないという人はとても恵まれているのではないでしょうか。

個人的にはこのご相談を3年前に読んでいたら、3年は続けてみる方がベターだと答えたと思いますが、世の中本当に色んな人がいますし、今の時代3年はとても長いと思います。時代の流れはかなり早く3年前の常識は常識でなくなるかも知れません。

やってみて違うと思ったら方向転換して、新たな場所で頑張るというのも悪くないのではないでしょうか。
問題は期間ではなく、何故辞めるかなんでしょうね。
林先生もこう言ってますね。

『単に仕事が嫌とか、上司とそりが合わないとかいう理由で、あっさり辞めてしまうのは考えものです。なぜ辞めたいと思うのか、まず、じっくり自分に向き合うことです。』

その場に立つと、今の上司、今現時点での仕事が未来永劫続くように思いがちですが、振り返ってみると、実はどんどん変わって、3年もたつと様変わりしていることも多いのです。
その意味では石の上にも三年なのですが、それより何より、現在に環境から逃げ出したい、という一時の感情から会社を辞めたい、という心理は、一度立ち止まって、自分の適性や未来を見直した上で、冷静にジャッジした方がいいということなのでしょうね。(勿論緊急避難的な退職が必要な職場もあるでしょうが)

自分の人生は自分でしか決められません。
自分がどのような仕事で社会に貢献し、同時に自分自身を幸福にできるかは、自分でしかわかりません。
その答えは自分自身で持っていばければいけません。

ちゃんと答えを持った上での転職なら、期間などは関係はないと言えるでしょうし、なんとなく辞めたいという一時に感情からなら、時間やマインドセットの変化がそれを解決してくれる可能性も考えた方がいいでしょう。
新卒の場合、普通の人は3年くらい働くとなんとなく全体感がわかってきたり、業界の仕組みがわかってきたりすることが多いので、「まずは3年働け」と言われるのだと思う。優秀な人はそれが数ヶ月や1年くらいでわかる人もいると思う。
一つの会社で3年を経験したら、あとは3年待たずとも1〜2年で判断して辞めるのはありだと私も思う。

サッカーも同じで、チームに入る前に合う合わないって正直わからない部分の方が大きい。2年スパンでチーム(会社)を変えて成長につなげる歩み方は全然あり。一つのところにとどまるよりも、より経験値を上げられるし、その後に活かせるメリットはかなり大きい。
どんな働き方をするかが重要!

「まずは3年」とか「もっと早く」とかは大きな問題ではない。何も考えずに思考停止で、言われた仕事だけをやるような働き方をして、3年間過ごしても何も得られない。

一方、しっかり考えながら仕事をして、自分の成長を実感しながら働けば、もっと早い時期にその会社での自分の可能性に気付けるかもしれない。

ただし、会社に入ってすぐに、いつか潰れると感じるなんていう状況は稀有でしょうね。それほどの状況なら、就活中にも分かるのではと思いますが、会社の名前だけで就職すると、そんなことも起きるのかもしれません。

自分が好きなビジネスを展開する会社であれば、トップ争いに加われないと思っても、続けるという選択はありです。簡単に諦める必要はありません。

そもそもトップ争いとか出世競争に重きを置くと、社内政治ばかりを意識して、いい仕事はできません。そんな人が偉くなるような会社は、いつか粉飾決算とかして傾きますよ。

いずれにしても、自分の価値を認識すると同時に、人の価値も認められるようになることが、キャリアをつくっていく上で重要なことです。
四年目で最初の会社は辞めた。三年目くらいから仕事も面白くなり出したけど、何年も続けているイメージはわきませんでした。

天職というものに巡り合うことがあるのかはわかりませんが、志なく、転々と仕事を移るくらいなら、がっつり三年くらいは働けばよいのでは。

しっかりと仕事と向き合っていれば、他人から評価される人間になっているはず。
「入社前に、問題点をちゃんと教えてくれるような会社は、あまりありませんからね。」

この常識をぶっ壊したい。
「死守せよ 軽やかに捨てよ」という言葉を仕事ではよく思います。映画監督深作欣二が愛用した言葉で元ネタはイギリスの演出家のようです。
辞めるのはいいけど、そこまでの戦い方がその後を左右するでしょう。
私も起業するまで会社3回辞めていますが、辞めるのは勇気がいるけど一瞬、その一瞬を価値あるものにするためにはやはり死守が必要と思います。