新着Pick
557Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ワークスペースとワークスタイルがマッチしてなきゃ、うまくいくはずがない。
人気 Picker
クリエイティブな発想をするためには、自分と向き合う=内省する時間が必要。
オープンスペースだと誰かに話しかけられる恐れ、他者からどう見られるかの気づかいが生まれてしまうのがネガティブ要素。

他者とのコラボレーションを創発するためにはオープンスペースは有効的。創発と内省を良い塩梅でブレンドするオフィス設計がこれからのトレンドになると考えてます。

以前、櫻田さんの記事にあったGoogleスマートオフィスのコンセプトがヒントになりそうです。

下記引用
それは、あえて席を密集させて、集団の化学反応が起こるようにするというものでした。その代わり、そこで刺激を得たら集中モードに入れるように、たくさんの個人作業用のスペース(本の中での表現では“隠れ家”)を用意したとあります。
https://newspicks.com/news/1986656
記事中の調査が持つインパクトは判断しかねますが、書いてある内容は納得感があります。以前もコメントしましたが、業種と業務内容によるところがあり、士業的な要素のある業種はブース型の方が向いています。
https://newspicks.com/news/1982429/

また、オフィスレイアウトのデザイナーさんが指摘していたのは、オープンオフィスやフリーアドレスは「限られたスペースをより多くの人が使えるようにすること」がそもそもの目的だということ。そもそも誰だって会社に荷物は置きたいし自分のスペースはほしいものです。でもより多くの人が使えるようにするために、一人のスペースを減らしてさらに持ち回りで場所を使うのがオープンオフィス・フリーアドレスです。

数々の不満が出てくるのは当然で、それを補うメリットとしてクリエイティビティの創出やリラックスした環境といった面を押し出す必要がある、つまり不満を昇華するために言わざるを得ない側面があって、クリエイティビティ云々はそもそもの目的ではないということで、なるほどなぁと思いました。
ユーザベースもオープンオフィスでフリーアドレスですが、集中するための一人ずつ仕切られている集中スペースも用意されています。両方があることでいい環境になっていると思います。
オープンか否か、メリットデメリットあると思いますが、環境の選択肢があれば解決しそうです。
>個室で働いている人が同様の不満を訴えるケースはわずか16%だそうです。

使えるもんなら、誰だって個室欲しいわい。
また、いつも同じ席が良いのであれば、朝早く出勤して場所取りすればいいのでは?実際にそうやっている同僚が結構いますよ。
オープンオフィスがうまく行かない最も大きな原因は「集中力の阻害」とのこと。インテグラルは、個室なしのオープンスペースで、みんな同じ机、パーティションあり、私も含めときどき席替えもします。
このようにデータ出ると何とも言えないですね。
やり易い、開放感があるなどなど、緩い策だけでは効果出ない様ですね。ある程度の緊張感は必要だという事ですね。
世間ではゆとり世代が、何かあると話題に上りますが、環境が人を育てる大きなファクターという基本を忘れがちになるのでしょう。ちなみにここで言う環境とは、ハード面が良いと言うことではありません。
新しい環境も慣れてしまえば効果なし!

オープンオフィスにした時には、コミュニケーションが活性化して、創造性が高まる。または高まったような気がする。しかし、慣れてしまい、当たり前の環境になると、刺激がなくなり、その効果が低下する。

環境の変化だけで、人が本質的に変わることが難しいということですね。刺激が持続しているうちに、一人ひとりの意識を変える必要があります。

ちなみに、会社組織は縦割りと横割り、どちらがいいという正解はありません。何年かおきに縦と横を変えると活性化します。

オフィスも、クローズドスタイルとオープン、交互に変えてみてはどうでしょうか。
そらそうや。
情報(3つ以上のクラスタ)は分断してこそ初めてネットワークとしての意味をなします。
創造性を発揮するには自問自答する時間と、 他人とコミュニケーションを取って 頭を刺激する時間と両方が必要です 。
オープンオフィスだけではブレイクスルーに繋がるような大きな創造性は発揮できないでしょう。
私の提案は オープンオフィスのまわりに フリーアドレスの個室をいくつか作っておくこと 。
こうして行ったり来たりするのが 良いバランスだと思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン