新着Pick

70代半ばまで生き甲斐をもって働くためには、50代半ばまでにキャリアプランの見直しを。 - 後藤百合子

BLOGOS - 最新記事
■74歳までは働き続けるのが当たり前の社会へ今月、現在は65歳以上の「高齢者」の定義を75歳以上に見直し、65〜74歳は「准高齢者」と区分するよう日本老齢学会などが提言しました。日経新聞の記事では、これまで年金制度などの社会保障で「支えられてきた」年代を見直す、つまり65歳から74歳が「支えられる側」から「支える側」へ回る社会保障制度の抜本的な見直しへの布石ではないかと示唆されています。「本...
3Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました