新着Pick
111Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
太陽電池とバッテリーで24時間飛び続ける無人機というのは単純な発想なのですが,現在の太陽電池は効率が悪く,電力収支が成り立ちません.概念検討すると,機体サイズがどんどん大きくなって破綻します.よって,現在の技術レベルでこのタイプの無人機が成立しないのは自明です.
日本でもJAXAを中心に高高度滞空型無人航空機の研究開発を行っています.
http://www.aero.jaxa.jp/research/star/uav/
太陽電池はおまけみたいなもので,レシプロエンジンで発電しながら飛行します.72時間の飛行時間が当面の目標です.

同様の計画であるFacebookの「Aquila」
https://newspicks.com/news/1973861
もおそらく断念するでしょう.

もしもっと滞空時間を延ばそうというのなら,飛行船になります.これもJAXAが「成層圏プラットフォーム」として研究していました.欠点は風です.日本付近は偏西風(ジェット気流)が強く,また飛行船の構造に問題があり,計画は断念しました.
なかなか一筋縄ではいかないのです.

【追記】
ドローン(無人航空機)を携帯の基地局とする研究は,NICT(情報通信研究機構)が行っています.
https://www.nict.go.jp/press/2013/03/18-1.html
ドローンで5Gの高速通信環境を簡単に作れるプロジェクトが終了するとのこと。元々ソリューションが気球でやるプロジェクトルーンと被っていましたし、住み分けするのかと思いきや、競争させてたんですね。これで新しいネットインフラの構築は気球のプロジェクトルーンに絞られました。元々こっちはラリーペイジ一推しでしたし注目度も高かったと思います。さらばGoogleタイタン。Googleファイバーも拡大を止めることから、段々とフォーカスをし始めています。この先の展開を想像するのは容易でしょう。

これらについては単に挫折により中止というより、優れたほうにフォーカスしたのだと、思われます。
動き続けるものから電波を発すると電波の安定性確保が苦戦するでしょうね。それも実験や検証の結果。そういう意味では機体の安定しそうなProject Loonのほうが容易に思えます。
Googleほど体力のある会社はどんどんチャレンジして成功も失敗もナレッジを社会に還元して欲しい。
企業を買収した後にその技術の妥当性をチェックし、競合する社内の別技術の方が利点が多いとなると容赦なくシャットダウンするとは、なんとも贅沢な事業運営。

Titanの人たちはFacebookのAqillaに移れば良いのでは?とか余計なことを考えてしまった。
Googleが投資を「継続する/しない」のロジックって、どんなのなんだろう?
純粋に知りたいな。
Project Loonの方が経済的にも技術的にもはるかに有望だから、こっちに変えただけ。
買収して使えなければ売却する、経営視点から観るとGoogleの先行きに疑問を感じました。IT系の経営者からすると、そんなこと気にするか、と言われそうですが、そう思っている人が経営している会社って、見事に失敗してるんですよね。
Googleは投資の判断も早いし、辞める判断も早いですね。技術革新を続ける仕組みが出来上がっている。
ドローンだと、バッテリーもたず、落ちると危なく、気球型のほうがエネルギー効率面、メンテナンス面でも良いということですかね。一時的な補給や災害時の面ばりなど、ドローンが補完的に活躍する場面はありそうです。
バルーンの方はどうなってるのかな?
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
82.6 兆円

業績