新着Pick
493Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランジット中のシカゴオヘア空港でライブを視聴。ここ2週間の動きの中で、FCAとFordの決断に感謝を示し、決断を促すようにGMに言及した。トヨタ個別には一切触れられていない。しかし、米国雇用を生み出すために、米国国内での製造を促し、国境の外での生産に国境調整税を付与する方針を改めて強調した。その対象には、製造業では自動車、国名ではメキシコだけでなく、中国、日本の名前に言及。
選挙後初の記者会見で、トランプ次期大統領がどう変化しているのかを注目したが、品格を感じない発言の仕方、選ばれる言葉は選挙前となんら変わっていない印象だった。就任後も恐らく変わることはないのであろう。
槍玉に上がる自動車産業は、安易な楽観論は捨て、真剣にこの「神が作った偉大な仕事を作る大統領(自称)」と対峙する覚悟し少しでも有利な条件を勝ち取っていく覚悟を持たねばならないだろう。
全部見ましたが、CIAなどとの確執では吠えまくり、CNNとは席上大ゲンカするなど品格は依然としてゼロ。肝心の利害相反問題に関しては、ビジネスを息子2人に継がせるという中途半端。何とも先が思いやられる内容でした。ちなみに、トヨタへの言及はなし。
収入が減少している中間白人層の支持を受けて大統領になったのですから、この会見内容は当然でしょう。

問題は、雇用が増えても所得が増えないと支持層にとって不満が募るということです。
昨今の米国の雇用情勢はどんどん良くなっています。

雇用の数だけでなく、質(たくさんの所得)をもっと強調してもよかったと思います。
現状で米国の失業率は4%代と非常に低い。この上に雇用を生み出すのは多分厳しく、むしろ失業率は上昇する可能性の方が高いだろう。
そのような環境を踏まえた上で、何を持って雇用を創出したと言い張ることになるのだろうか…興味深い。
トランプ大統領になって世界がどう変わるか。劇薬の副作用がどれだけあるか次第です。
ライブでみました。

いきなりメディア批判からスタートしたのには驚きました。一部の記者の質問を罵りながら拒絶したり感情的なやりとりも多かった。「格調」とは無縁の内容でした。わたしはこの話題には詳しくないんですが初演説ってこんなもんなんですか?

いままでのいわば言いっぱなしのツイッター発信と違い今後は記者会見で記者の質問や批判に直接晒されるわけですがこれが続くのか・・。英語は分かりやすかったですが。
財政出動と減税という景気刺激策に触れず、保護主義的政策だけが目立つ、やや期待外れな会見でしたが、目下は大統領選挙へのロシアの関与やトランプ氏の利益相反問題の方がメディアの関心も高いので仕方がないところがありそうです。この調子の会見がこれからも続くのでしょうし、市場はずっと一喜一憂させられるのでしょう。
自国の雇用を優先することは、一国の宰相として当然のことであり、その点に関しては安倍政権も全く同じでしょう。問題はそれを実現する方法論が、恒久的に機能するものであるのか、短期の対症療法に過ぎないのかを見極め、長期的に効果があり副作用が少ない方法をきちんと選択して行けるか否かでしょう。

超円高を促進し、日本企業の海外移転を放置し、失業率と自殺者数の上昇を加速させながら、財政均衡緊縮政策を取り続けた日本の民主党政権・白川日銀などより、トランプの言っていることの方が、余程一国の宰相として真っ当だと思います。

アメリカの自動車販売はザックリ1700万台。対するアメリカ国内生産台数はザックリ1200万台。即ち500万台、約30%が完成車輸入ということ。

因みに日本は年間販売約500万台で輸入車は33万台で6.6%。

アメリカは日本の総販売台数に匹敵する自動車を輸入しているのだ。

こうして見るとトランプが目くじら立てるのも分からなくはない。

日本でもし同様のことが起こったら、我々日本人はどう感じてどういう政治家を選ぶだろうか?

相手の立場に立って行動することが改めて求められていくということでしょう。
朝のNHKニュースによれば、会見の多くの時間が割かれたのはロシアとの関係で、アメリカの新聞、テレビもここを中心に報道されたとのことです。日本での報じられ方とは温度差がありますね。また、報道陣との対立も注目され、質疑応答では「お前のところはニセメディアだから」的なやり取りもありました
メディア不振は根深く、今後もTwitter砲は続きそうですね
ライブで見てました。いきなり情報機関の批判やマスコミを持ち上げながら落とすスタートには相変わらずだなと思いました。質疑応答ではマスコミはロシアのハッキングのことばかりで実に下らない質問が続いた。途中でトランプがBuzzFeedをこき下ろす場面があり、そこは面白かった。日本が出てきたのは2回かな。でも必ず中国とメキシコとのセットで挙げられていて、全て貿易の話題。国境税については懸念しなくてはいけない段階に入ってきている。市場はこの点をまだほとんど織り込んでいない。大幅なドル高円安要因となり得る。