新着Pick
151Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカのアウトレットにあるプラダがほぼMade in Chinaばかりで驚きました。

そして、そこに群がっているのも中国人という何ともシュールな図。。。
高級ブランドの中には、本当に高級な製品を提供しているブランドと、単なる高価格ブランドが混在しています。

高級革靴ブランドのJM WestonやAlden、時計でもロレックスやパテックフィリップなどは、過去10年で2倍近くも値上がりしているけれど、常に品不足です。ちゃんといいものを作っていたずらに数を追わない。

店舗数も品数も多く、アウトレットに店舗があるようなブランドは、そもそも高級ブランドではないでしょう。
ソーシャルメディアの広がりで、物の価値よりも体験や個人の経験の価値の方が重要視されるようになったのは一つの大きな理由ではないかと個人的には思います。

昨年も紹介した各ブランドごとのソーシャルメディア上の反応比較の記事ですが、価格帯だけでなく消費者のブランド認知は、ジェンダーレス、エスニックなど今までにはなかったトレンドや考え方が普及し、各社ブランドがその影響の煽りを大きく受けている状態です。

Has Global Luxury Fashion Hit A Bubble?
http://www.socialmediatoday.com/social-business/has-global-luxury-fashion-hit-bubble

ただ、価格が高いだけでなく、クリエイティブ×社会変化への対応が今後は求められるだろうと思います。その上で、ムスリム系のファッションは短期的に大きなトレンドになるだろうと思います。
FENDIの遊び心は天才的
マイケルコースやコーチやラルフローレンは、安くはないが高級品という位置付けではないと思う。少なくとも日本では、手の届きやすいブランドというポジショニングになっている。
高級ブランドが今ほどの隆盛をするようになたのはせいぜい30年ぐらい前からです。それまでは一部の富裕層を対象に限定的な商売をしていただけ。

今の高級ブランドは、かつての歴史やイメージ的なクラフトマンシップを技巧的なマーケティングで「大衆」に販売している。それが最も上手なのがLVMH。日本人の1000万人以上が持っているラグジュアリーなんておかしいですよね。
私自身は、現在のラグジュアリービジネスモデルはそろそろ限界ではないかと思う。今回の値下げはその兆候なのかもしれない。

「モノからコトへ」なんて20年以上前から言っている訳ですが、ラグジュアリーの提供する「つくられたコト」もそろそろ限界なので、次の手段を考える時期だと思います。
アパレルと宝飾ブランドの中でもLuxary Brandと低価格のMass Brandの真ん中にあるブランドは厳しい。Luxary Brandに入るブランドは少ないし、Mass Brandはすぐに低価格で似たようなものをマネしてくて、価格を、時にはブランドも破壊する。クリエイティブはまだまだある市場だが、市場内での競争環境で差別化を維持するのは難しい。