新着Pick

イオン、16年3―11月期は5.6%営業増益 GMSが改善

ロイター
イオン は11日、2016年3―11月期の連結営業利益が前年同期比5.6%増の853億円になったと発表した。改装効果などから総合スーパー(GMS)が持ち直している。また、ドラッグ事業や総合金融事業も引き続き伸長している。営業利益は、6―8月に増益に転換した後、9―11月期には約5割増と大きく伸びた。9―
25Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
GMS事業は第3四半期(9-11月の3ヶ月)でも167億円の営業赤字。昨年の同時期と比べて赤字幅がわずかに(4億円)縮小したというだけで「持ち直している」と持ち上げるのはいかがなものかと思います。

あと何度も言ってますが、イオングループの稼ぎ柱(黒字事業)である総合金融、不動産(SC運営)、ドラッグストア、食品スーパーは出資比率が4〜5割に過ぎない上場子会社によるものなので、そういう子会社の営業利益もひとまず100%取り込んでしまう連結営業利益をもって業績を語るのはナンセンス。

このややこしさは20社を超える子会社を上場させている(いわゆる親子上場)イオンならではの陥穽です。その実態は子会社の少数株主利益を差し引かれて算出される「純利益」が相変わらず大幅赤字だという事実が雄弁に語っています。
熊本震災の影響で災害による損失を▲20.7億円計上しています。業績予想は修正なしですが、期末決算ではブラックフライデーの結果も注目点です。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
5,268 億円

業績