新着Pick
289Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
赤裸々過ぎて大丈夫かと心配になる連載がスタートしました。前職マザーハウスでの上司だった山崎さんとの対談。マザーハウスでのインターン時代に、仲間と寝食忘れる程熱中して仕事に取り組む事の楽しさを知ったことが今の原点な気がします。深夜に2トントラックの中で社会や小売の未来について熱く語ったのは良い想い出です笑

イクスピアリの遅刻の件が… あの時の山口さんは怖かったなぁ…

1つ、長時間労働の思い出話が出てきますが、それが成長するための必要条件だとは全く考えていません。僕が今も元気に働けているのは、俗にいうサバイバルバイアスに過ぎないわけで。長時間労働は組織の成長にとってはマイナスだと思います。スタートアップであっても心身ともに健康に継続的に働ける環境は大事です。僕は今ではターンアラウンド時代も含めて20時以降にオフィスに残っていることはありません。
スーパーボス役で出てますが、ボスというより、迫くんは一緒に黎明期を作ってくれた仲間です。あの時は何を信じて頑張ってたんだろうと思うくらい、皆、舟を漕ぐのに必死でした。

外からみたらあの当時のマザーハウスは順風満帆に見えたかも知れませんが、毎日が戦いでした。普通はそれを生き抜いて満足してしまいますが、迫くんは更に貪欲に学びの姿勢を守り続けた。そういう日々の積み重ねが、人をリーダーへと導くんだなあと今は思います。いやあ、疲れ切ってんのによく夜中語りましたよ、寝たかったけど笑

明日以降もしんどい話盛り沢山です。
迫俊亮さんは29歳で800人の会社の経営者となり、ミスター・ミニットが青山商事に買収されてからも、請われて社長を続けています。昨日は、28歳の若手が市長選に勝利しています。高齢化が進む一方で、若手が活躍できる日本社会であり続けたいですね。
マザーハウスの副社長、山崎さんとミスターミニット社長、迫さんのスーパーボス対談が始まりました。ダボス会議でも日本の若手リーダーに選出された迫さんは、マザーハウスの創業期に山崎さん、山口さんという情熱あふれるボスに囲まれ、濃い日々を過ごされています。当時の裏話が満載です。その後、迫さんはグローバル企業のミスターミニットの落下傘社長に29歳という若さで抜擢され、万年赤字、やる気の失せていた現場を変えることに成功します。そんな迫さんを育て、見守ってきた山崎さんのリーダーシップ論も必読です。これから就活する学生さん、入社を控えた学生さんにもとても興味深い内容となっています。ぜひお読みくださいませ。
これぞインターン(笑)。こうした立ち上げ段階では何から何までやらなくてはならない。そして大きな責任が伴う。その経験はものすごく大きそうです。

また山口さんの性格も垣間見えるようなエピソード。ブログでは優しさや天然さを感じることが多いですが、こうした厳しさも持ち合わせていなければ突き抜けられないとも思います。
私がマザーハウスを知ったのは確か大学生だった2009年のとき。マザーハウスといえば、ソーシャルビジネス系のうち、学生にとって当時憧れの会社の1つだったと思います。友人もバイトだったかインターンだったかしてたなぁ。

あれから大きなショッピングモールでは店舗を見かけるようになったマザーハウス、創業期はこんなにドタバタだったんですね。なかなか垣間見られない貴重なお話でした。

ソーシャル系の面白さの1つは、社会課題解決のためのアプローチを行っても最初のときは苦しくて、それでもバタバタと動き続けるあのダイナミクスというか、文化祭前夜感というか。。それは「ハードファン」だし、フローにもなるので、ある一線からはもう熱意がないとついてこられなくなる。
そんななかこんなにインターンとしてがっつり関わってる迫さんはすごいです。。謝罪のエピソードもそうだけど、貴重なインターンだ。。
その時の経験が今につながっていらっしゃると思うけど、インターン卒業生がこうして活躍されると、山崎さんや山口さんも誇らしいんじゃないかなぁと想像します。でもこんなに体当たりで一生懸命で等身大な関わり方をしていたら、そりゃあ学びもいっぱいだったろうな。素敵です。

続きも楽しみ!
NPOでインターンしている学生は必読の記事。
社会起業、社会貢献といった綺麗事ではない、現場の生々しさが伝わってきます。

自分も学生時代にソーシャルセクターでインターンしていましたが、迫さん程の責任感とストイックさを持った活動はできてなかったな。。

迫さんはミスター・ミニットの組織変革に取り組まれていますが、マザーハウスでの原体験がどのように活かしているのかは気になるところです!
熱いマザーハウス創業期の話。イクスピアリ事件、代表山口さんの態度も迫さんの挽回も素晴らしい。山崎さんももちろん!

初店舗お邪魔した際は店員さんが、皆でとんかんやったんですよ、とお店作りのストーリーを語って下さった。いまも木を皆さんで切ってるんですね。銀座店で先日仕事鞄入手させていただきました。
山崎さんとは一度しかお話したことありませんが、元バンカーならではの論理・現場思考の的確なアドバイスを頂きました。やはり会社で本気で事業を大きく進めていくのなら、その会社の体の一部(株を取得)と化さなければならない、と。今度迫さんとはシガーバーでご一緒する予定です。楽しみです!
ブラック満載の思い出トークは楽しいですよね。これからはもう自慢にならないかと思うと少し寂しいです。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。