新着Pick
493Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
悲劇の大統領でした。ほぼ8年連続の景気と雇用の改善を実現したにも関わらず、自動化の波による雇用減との相殺で人々には喜ばれなかったこと、中道実務家ゆえに左右からの攻撃に晒され多くの決定を孤独に下し続けたこと、これは悲劇に他なりません。
評価が分かれる大統領でしたが、日本人としては広島訪問が実現したのは嬉しいし、それはオバマ大統領でなければ実現しなかったであろうと思います。お疲れ様でした。
Youtubeでフルスピーチを聞きましたが、高邁な理想に包まれた素晴らしい演説でした。しかし同時に、聞けば聞くほど理想と現実のギャップが鮮明に浮かび上がります。ただ、理想を示さなければ、より望ましい方向へと進むことは難しいと思います。
「私をより優れた大統領にしてくれた」と発言したオバマ米大統領。
このような発言を、やり残した事や、成果が出なかった事もたくさんあるだろう任期終了時点で言える事は、すごいと思う。

全然レベルの低い話ですが、子供が生まれた時に、「子供が親を大人にしてるれるんだなあ!」って感じた事を思い出しました。
全く比較になりませんが…
ノーベル平和賞を受賞し、イランとの核合意、キューバとの国交回復、広島訪問等、数々のレガシーを残しましたが、残念なのは安全保障の面ではアメリカの弱体化と中東をはじめとした世界の混乱に招いてしまいました。

色々ありますが、まずは8年間お疲れ様でした。
スピーチ前、涙をこらえてたオバマ大統領を観て自分も😢😢。お疲れ様でした!人間的には素晴らしいナイスガイだと思いました。
スピーチの最後は「YES WE CAN」で、感動的です。

以下にスピーチ最後の部分の短い動画が入っています。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/5573

日本人からの支持率は高い大統領でした。
「相違超え結束を」という言葉を憲法学者でもある彼が訴える意味は、昨今のアメリカ国内情勢の話とはもっと違う、深い意味が込められていると僕は感じています。

アメリカ国民は、様々な法律によりその自由を最大限保障されています。その手段として人々には国や州や自治体を動かす力が分配され、人々の力によって国の進む先を自ら定める事ができます。彼らアメリカ国民はこの力の強さや大きさを大統領選でまざまざと実感しているでしょう。まさにこれが法が保障する民衆の力です。

しかし分配された力は、国民の分断によって削がれていきます。それが分配される力の弱点でもあり抑止力でもあります。それは民主主義というシステムは、国民が割れている時には、国家の分断を防ぐ強いリーダーが国を動かす事を許容しているからです。

その「強いリーダー」が道を誤れば国全体も傾き国民全員が窮地に立たされます。だからこそ結束が必要なんです。結束すれば力は相対的に強くなり、再び国民の力によって国の進路を定める事ができるようになります。オバマ大統領はそういう事を述べているのだと思います。これはアメリカに限らず、民主主義を標榜する国全てにおいて通じる通念ではないでしょうか。

最後に「Yes, we can. Yes, we did.」というのは、就任当初からこう言おうと考えていたのだと強く感じますね。「Yes, we did.」と言える為にはどうあるべきか、どう行動するべきか、考え続けてきた日々だったのでしょう。結果や評価はどうあれ、「Yes」と肯定できた8年間であったことは、彼にとってとても実りのある8年間だったと想像に難くありません。

僕は世間の評価がどうであれ、アメリカ合衆国の8年間に「Yes, You did.」と拍手を送りたいです。
【国際】最終演説の場所がホワイトハウスではなくて地元のシカゴであったという点が意外だった。穿った見方をするのであれば、やはり「去り行く大統領に権威なし」ということなのかもしれない。

以前にも書いたが、オバマは「何もしなかった大統領」として語られがちであるけれども、それは政権の終盤において連邦議会の多数派を共和党に握られたことによる。アメリカの政治制度を考えると、オバマ大統領は「何もしなかった大統領」というよりは「やりたいことをできなかった大統領」という方が正確ではないかと思う。

アメリカの政治制度を十分に理解していないと、アメリカ大統領がさも絶大な権力を持っていると勘違いしがちである。しかしながら、大統領が実際に自らの権力を最大化するにあたっては重要人事や予算、立法面において連邦議会の協力が不可欠である。トランプ次期大統領は現時点で連邦議会において多数派を押さえているものの、2年後の中間選挙においてもこれを維持できるかは、今後2年間の政治次第であろう。

2008年の政権成立時、オバマ大統領は過剰な期待を負わされたが、新たに就任するトランプ次期大統領もまた過剰な期待を負わされているように思えてならない。

参考:
アメリカ大統領について考える時には、マーク・フォーサイスのTEDでのプレゼンを参考にするとよいと思う。

政治における言葉について
https://www.ted.com/talks/mark_forsyth_what_s_a_snollygoster_a_short_lesson_in_political_speak?language=ja#t-114133
第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンは、ロッキード事件で失脚した。そのときの印象が強烈なので、失敗した大統領というイメージを持つ人も多いと思う。

しかし、大きなビジョンをもって隠密に中国に働きかけ、1972年に北京を電撃訪問し、米中国交正常化を果たした。内に閉ざしていた中国をグローバル社会に招き入れ、新しい世界秩序を打ち立てた。ニクソンのビジョンと実行力がなかったら、今日の中国も世界全体も、大きく違うものになっていただろう。

ニクソンの評価は、辞任後に本人が記した書籍や、後の政権に与えたアドバイスなどを通して、かなり「名誉回復」されたといわれる。大きな構想をもって世界を変容させていく力が、アメリカ大統領にはある。当然その評価は、特に現役時代は、毀誉褒貶を伴い、客観的に理解しにくい。バラク・オバマ大統領も、高い理想やビジョンを持ち、世界を変えようとした人物であるが、その評価は人によって大きく異なる。

個人的には、オバマ氏は、アメリカの良質なスピリット(「希望Hope」や「世界を良くしようとする意志Yes we can」)を体現した人物として長く記憶に残ることになると思う。そして、今は見えていない内政面での政策判断の「種子」が、どのように実を結ぶかによって、未来の評価も大きく変わる可能性がある。そのとき、もう一度、今回の最終演説を聞いてみたい。

追記:ニクソンの「評価」については、下記のブログを参照した:
『土野繁樹の歴史探訪 その14 ニクソンと毛沢東 1972』
http://toruhijino.hatenablog.jp/entry/2016/12/26/070628