新着Pick

19年元日に新天皇即位、元号は半年前までに

読売新聞
政府は、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同時に元号を改める検討に入った。
319Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、皇室記者として取材していた立場から言うと、民進党の代議士が述べている『安倍政権に近いメディアはスクープできて、そうでないメディアは干される』というのは全くの的外れです。
       
各社とも努力してスクープを取ってきているだけで、政局的な話にはしないでほしいと思います。
    
それよりも気になるのは、論点整理もまだなのに、ここまでスケジュールを想定していること。将来の日本のあり方にも関わってくることなので、結論ありきで先へ先へと進めるのではなく、じっくりと考えていくべきだと思います。
【社会】昨日、民進党の細野豪志衆院議員が「スクープは産経、読売、NHKまれに日経。安倍政権に近いメディアはスクープできて、そうでないメディアは干される」と指摘していたけど、今日は読売か。まるで「持ち回りスクープ」のような感じがして気持ち悪いなぁ。

昨日も指摘したけど、皇位継承について「元号」にのみ注目するというのは、多くの日本人にとって「天皇」という存在が矮小化されてしまっている感が否めない。「天皇」が世界に類を見ない「伝統」を背負った存在であることを考えると、その役割や歴史、宮中祭祀、現行憲法下での変遷などを知りたいのだけど、そういった事に関心を持つ人もメディアも少数派なのだろう…。
官民ともにIT対応等の準備期間が必要ですから、2年の時間をおくことと、半年前に元号を決めることはやむを得ないことでしょう。それでも、そこに向けて整斉と進められるのはとてもいいことだと思います。
カレンダーや手帳もこれで準備出来ますね。ITの方も基本大ごとにはならないのですが、パッチを当ててテストを行う期間が十分あれば安心です。
昨日、産経のスクープ的に報じられた2019年元日から新元号というニュース。今日は各紙トップで報じてきている。そんなかで、読売新聞は元号は半年前までに発表されると報じている。
役所は元号で仕事するから面倒くさいよね
元号は世界に冠たる文化としての財産だから、なくすことはない。
年の初めに変わるのは賛成。
で2021年からの、「下一桁一致させる説」に一票!
1月1日に改元となる、これは天皇制が近代合理主義に晒されるということで、必ずしもよいことではありませんが、天皇崩御による喪の期間(歌舞音曲の自粛)が、2020東京五輪と重ならないように、とのご配慮があったと推察します。
改元は予想以上に大きなインパクトがあるはずです。新しい時代が来るという雰囲気が、グッと盛り上がるのではないでしょうか。

猪瀬直樹さんの『天皇の影法師』を読むと、改元の意味や歴史などについて深く理解できます。
この流れ自体は良いことかと思うのですが、書類に記載する和号と西暦ごちゃ混ぜな管理をそろそろやめて、西暦に統一してくれないかなぁ。。日本の文化として残すのは良いのですが、未だに紙ベースの記入や管理の多い日本で、和号で書かなきゃいけなかったりたまに両方だったり本当に面倒。自営業をやっている親父の機械も平成までしか対応してないらしく非常に困ると言っていました。管理する側も大変かと思います。