新着Pick
818Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
非効率的。税金は上手く使って欲しい。ただでさえ、お金足りなくなって行くのに。
人気 Picker
たった一度のミスでこの対応。
すごい、すごいですよ、日本のお役人様の考えは。
日本の教育を担う機関がこれでは、IT教育なんて無理ですなあ
人事案をパスワードも掛けずに平メールで送ったとしたら大胆ですが、それにしても、アドレス間違いを恐れて紙に戻すとは (@_@;) エーッ
文科省すらこの発想では日本のIT関連技術が遅れるわけだ・・・ 
いろんな役所が萬(よろず)こういう発想で民間を指導しているとしたら、尚更に恐ろしい (;一_一)
面白おかしく書かれているだけで、冗談だと信じたい・・・w
インテリジェンス(正確にはカウンター・インテリジェンス)の基本のなかに、紙は必ずしも安全ではないという考え方があります。紙は置き忘れたり盗まれてしまえば終わりだからという理由です。

一方で電子情報の方が安全だと言われている訳では無く、適切な扱い方や暗号化などの措置で漏洩自体を防いだり、漏洩した場合でもそう簡単には読めないようにするなど、時と場合によって媒体を使い分ける(ただし、インテリジェンス活動でも現代社会で紙媒体の方がベターという場面は限られます)。紙の場合は、分かる人以外が解読不可能に暗号化すれば別ではありますが、さすがにそんなことはやっていられないでしょう。

また「秘密情報」とあり、人事情報だけには限らない模様です。とすると、「秘密情報」の範囲をどうするのか、という別の議論が出てきます。往々にして役所の「秘」情報というのは範囲を大きく設定しがちです。

あともう一つ。役所の紙は、保存方法が重要になります。紙資料の場合は、担当官によってファイリングの巧さが相当差があります。ずぼらな担当官の場合だと、後々探すのがとても大変です。大まかなファイリングの規則はあっても、それ以上の細かいファイリングは人によって差が出ます。

官庁の文章は、文書も電子媒体も、情報公開請求の対象ですから(公開されるかどうか別として)、紙の資料の場合はそのあたりもきちんと考えて保存してほしいものです。当然、電子媒体であれば、検索でヒットさせることは可能ですが、紙媒体はそうもいかない。文書自体はPCで作成するでしょうから、元の電子ファイルとともに紙媒体も適切に保存する必要があります。

仮に紙と電子媒体の内容が違う場合は、どちらが正文なのか・・・という問題も生じ得ます。

役所で古い紙資料を書庫で探すのはとても大変です(経験者です)。

ちなみに、文科省って「シューター」はあるんですかね・・・あれば、紙の配布も多少は楽になるかも知れませんが。
ツッコミの内容が「時代に逆行するのでは?」とか「時代遅れなのでは?」って。何も聞いていないに等しいですね。

・機密情報とは何か。
・機密情報をメールではなく紙で扱うことによって生じるメリット・デメリットは何か。
・デメリットはメリットを超えるのか。
くらい、簡単でいいので整理して欲しい。
同事件別記事でもコメントしましたが、部内課内であればファイルパスを連携すればずっとマシになります。

”部内や課内であれば、メールの添付は使わず、アクセス権限を設定したファイルサーバーにファイルを保存し、ファイルパスをメールで連絡した方がいいでしょう。
こうすれば仮に誤送信しても、閲覧権限が無い人は見られないので、一線は守られます。(適切なアクセス権限の管理は必要ですが)”

※記事とは関係ないですが、ビジネスコンテストに出るにあたって携帯機の充電ニーズについて調査を行ってます、よろしければご協力お願いします!
https://questant.jp/q/ORUSL6OQ
時代錯誤も良いところ。文科省がこれだと学校現場が思いやられる。
紙に切り替えって...ホンマですか。
人事情報が省内にばら撒かれるのはお役所的には大大事件だろうが、世間的には何ら問題ないと思う。

「今回は国民の皆様に迷惑かけたわけではないので、今後気をつけます、終わり。」でいいんじゃないかと。
この対応、意外と私は好きです。ちなみに米企業の日本法人でメール監査を恐れてルールに反するようなローカライズ慣習は口頭でやりとりするケース散見されます、エビデンス残すとクビになりかねないので。それが正しいかどうかはさておき「ITリテラシーが」って言っている人の機密意識、ITリテラシは案外低いと思う。本当に機密度の高い問題はインターネット、さらにはイントラネットからも切り離すべき。
機密情報にもよると思うので、一概に悪いとは思いませんが、若手職員や管理職の人事案まで紙にするというのは慎重すぎですね。
    
いちいち紙にしていたら、一体どのくらいの分量の紙を使うことになるのか考えてからでもよい気がします。税金だからよいという話にはなりません。
       
世の中は『ペーパーレス社会』に向かっていますが、どこにでもIT操作に不慣れな人はいるものです。まずは、そうした人でも誤操作をしないよう防止策を考えたほうが費用的にも安上がりだと思います。
ICT教育を推進して行くはずの文科省がこの対応。